2016年08月12日

16-22 奇跡の清流(小川1◆174本目)

 今年の夏休みは恒例の四国ではなく、九州へ!
 フェリーさんふらわあ(神戸-大分)初体験しましたが(たぶん)、瀬戸内海の航海は超快適。大分から宮崎まで高速が開通したので、今度から宮崎帰省は大分ルートがベストかも。

 今回帰省のメインイベントは大分から南下してすぐにある五ヶ瀬川水系北川左支川の小川(こがわ)ダウンリバーでした。小川は「奇跡の清流」とも呼ばれる名川です。
 ※後に宮崎県内を流れるいくつかの川見を経て改めて思うのですが、この川の存在は本当に「奇跡」でした。

160812_kogawa 2016-08-12 10-55-43a.jpg

 しかし、今年は近年稀にみる渇水で、この地域も例外ではなくカツカツ。せっかくここまで来たのに漕げるだけの水量がないという有り様でした。下流の北川に変更しようか…? 水量は問題なさそうだけど小川に比べるとやはり見劣りするんで迷う。決め手に欠き、川沿いを行ったり来たりを三往復ほど繰り返して、プットインを葛葉大橋下流の自動車修理工場の脇、テイクアウトを瀬口橋に設定しました。

 この小川、ファミリーカヤック≒川遊びのフィールドとしてはS級でした。水が温い。生き物が多様で豊富。魚の掴み取りも簡単。子どもたちは漕ぐより泳ぐほうが断然長かったような…。

160812_kogawa 2016-08-12 13-06-42.jpg

 終盤では飛び込みスポットに最適な淵&岩場発見。川太郎は5mの高さから物怖じせずダイブ! 高所恐怖症の父親をすでに超えてますね(笑)。

160812_kogawa 2016-08-12 14-07-02a.jpg

 漕ぎがメインのふだんの川「下り」とはちょっと違う、川「遊び」メインのひと時でした。今の子どもたちと下るには理想的だったかも。




ニックネーム ラナ父 at 21:42| Comment(0) | 九州>小川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

16-21 サワガニ獲り(多摩川5)

 春先は稲城でザリガニ獲りに勤しんでましたが、夏の御嶽はサワガニ。折しも世間では『ポケモンGO』が一大ブームとなっていますが、我が家はポケモン探しよりサワガニ探しに夢中です(今のところは、ですが)。

160724_mitake 2016-07-24 9-10-15.jpg
ニックネーム ラナ父 at 21:39| Comment(2) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

16-20 キャンプツーリング続き(多摩川4)

 なんちゃって(クルマ使ってるので)キャンプツーリング二日目。テニスコートから釜の淵まで。ふたり乗せるとだいぶ重くなってきた…。

2016-07-18 9-25-01.jpg
ニックネーム ラナ父 at 21:37| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

16-19 父子キャンプツーリング(多摩川3)

 今度は父子で多摩川へ。今回はキャンプツーリングです。

 コースは定番の放水口〜テニスコート。道中、岩場に張り付いたカヤックを引き剥がすお手伝いしていたら夢中になりすぎて自分のボート流してしまい、泳いで追いかける羽目に…。ひさしぶりにがっつり泳いだら鼻に水入ってむせまくり。

160717 2016-07-17 18-12-55.jpg
ニックネーム ラナ父 at 08:38| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

16-18 家族カヌー(多摩川2)

 今年初の家族カヌー。今年は10年に一度クラスの大渇水ですが、多摩川本川だけは逆にタプタプ。

 川次郎くん6歳にて初スイムでした。水泳教室通ってる成果か、テンパることなく割と冷静に泳いでくれました。

160710 2016-07-10 10-49-57.jpg
ニックネーム ラナ父 at 08:37| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

16-17 温泉街観光(四万川1)

 元やんと四万川へ。

160702_shima 2016-07-02 10-33-42.jpg

 今回は家族で訪れましたのでDR後みんなで温泉街散策&ランチ。「四万温泉柏屋カフェ」に入りました。わー、しゃれおつー。

160702_shima 2016-07-02 12-37-13.jpg
ニックネーム ラナ父 at 08:36| Comment(2) | 関東>四万川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

16-16 万水川続き(犀川1)

 犀川では写真撮らなかったので大王わさび農場での一コマ。

160612_yorozui+saigawa 2016-06-12 9-45-32.jpg

 今年もいつものメンバーで楽しいひと時を過ごせましたが、これって当たり前のようでいて実はけっこうすごいことなんじゃないかと最近思う。ずっと大切にしていきたいものです。
ニックネーム ラナ父 at 08:33| Comment(0) | 甲信越>犀川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16-16 安曇野定番カヌー(万水川1)

 今年も定番の万水川&蓼川。道中でカメ発見! こんな場所なら当然在来種と思いきやミドリガメでした。川太郎くん指咬まれて出血。

160612_yorozui+saigawa 2016-06-12 10-23-18.jpg
ニックネーム ラナ父 at 08:32| Comment(0) | 甲信越>万水川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

16-15 第21回にじますカップ(前川1)

 当初、学校参観日とカブるとかでついに連続出場も途絶えるのかなんて話もありましたが、なんだかんだで出場できました。

 ラナ父&川太郎チームは親子カテゴリで4位。
 後輩1号&川次郎チームは親子カテゴリで7位。

 いつものNKCメンバーに加え、今回はAくん父子も参加してくれて、賑やかな一日となりました。

160611_nijimasu 2016-06-11 14-17-23.jpg
ニックネーム ラナ父 at 08:28| Comment(0) | 甲信越>前川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

16-14 みなかみ復帰戦(利根川1)

水位:3.43m(湯原)

 昨日の父子カヌーでけっこう身体がバキバキになってるんですが、老体にムチ打って上州へ。

 今年初のみなかみです。藤原ダム放流シーズンに訪れるのは3年ぶりでしょうか(前回はラナがいた)。ずいぶん間が空いてしまいました。

 門限は14時なので11時解散が目標。8時に現地到着すれば紅葉峡〜諏訪峡を漕げるかなというのが当初の目論見でした。しかし、平日3.2m前後で推移していた湯原水位が、週末になって3.4m台まで上昇。ギリギリまで悩みましたが、紅葉峡はパスして、水明荘からのプットインにしました。
 そうなると今度は時間が余ってもったいない。よってテイクアウトは道の駅月夜野まで延ばすことにしました。諏訪峡まで40分、残り50分で道の駅までというのがざっくりとしたスケジュール。トラブルなく、ノンストップですっ飛ばせばなんとかなるかな、と。

 今日ご一緒するのはやまかわさん。ここ数年この時期に一緒に漕ぐのが定例化しています。
 9時すぎにスタートしました。視界の先にあるスリーウェイズの爆裂っぷりを見てるとけっこう不安。大歩危小歩危も3年近く漕いでなくて、60トン級のホワイトウォーターへのブランクが相当長くなってます。今回が復帰戦みたいな感じになりますけど、また期間空いちゃってしまうんやろなー…。

 右岸から出て、ぐんぐん左岸に逃げる。水が重くて思うように進まない。あれですわ、GWの片貝川を思い出しました。流速が高いと自分の感覚と実際のフネの動きのギャップが如実に出る。まずはこのギャップを埋めていかないと。

160605_minakami 2016-06-05 9-14-36.jpg

 最初こそビビりまくりでしたが、あとはそうでもない。あれ? こんなもんやったっけ…? 徐々に余裕が出てきて、楽しめるようになってきました。

 9時20分に道の駅到着。よしよし予定どおり。そのまま諏訪峡区間へ突入。スーパービッグウェーブのアキコも存在せず。あれ? もっと多くならないと出なかったっけ?

 竜ヶ瀬も、今までの状況から見たらノンストップでも問題なさそう。とはいえ3年ぶりともなれば、どうしても一抹の不安を拭い去ることができないので、ボートを左岸に着けて上陸しました。

160605_minakami 2016-06-05 9-26-29.jpg

 結果的には、想定の範囲内。左岸ルートから、スルスルと抜ける。

160605_minakami 2016-06-05 9-36-11.jpg

 フリッパーズは右から左へギリギリで回避。

160605_minakami 2016-06-05 9-49-32.jpg

 メガウォッシュは潰れてた。

160605_minakami 2016-06-05 9-51-14.jpg

 違和感感じたのは最初のアキコくらいで、あとは過去の記憶とそんなに違わなかったかな。

 銚子橋を9時40分すぎに通過。ここから先はかなり記憶がおぼろげ。川幅広くザラ瀬ベースですが、時々ドカーンと強烈なのが来ます。

 久しぶりの滑り台。やまかわさんのバンディットはつっかえてなかなか降りられない。あれ、すごいデジャヴ感。3年前と同じ光景…?

160605_minakami 2016-06-05 10-15-38.jpg

 矢瀬橋が見えてきました。確か、3年前は、最後の瀬のホールでやまかわさんがフリップしたんでしたが、どこだったか思い出せないままあっさりと終了。
 10時25分ゴール到着。かなりすっ飛ばしましたけど、おかげで計画どおりに漕ぎ終えることができました。みなかみを出たのは11時20分くらいでしたが、渋滞ゼロだったので13時30分過ぎに帰宅。

 ダム放流は例年だとだいたい6月第2週末くらいで終わってしまうので、今日がおそらく最初で最後でしょう(来週末はにじますカップなので)。今年も思うように漕げなくて無念ではありますが、何とか滑り込みで間に合ってよかった。7月にもたしか放流時期あったけど、今年は深刻な水不足なのでどうなるんでしょうね。梅雨に大きく期待したいところです。

 今年もお付き合いいただいたやまかわさん、ありがとうございました。


ニックネーム ラナ父 at 04:50| Comment(2) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする