2017年04月30日

17-05 北国街道を漕ぐ 1日目(神川1◆178本目)

水位:0.10m(神川)

 今年のGWは5/3夕方までに福井県小浜市に着いといたらいいという、すごくゆるくて長い時間をいただきました。合計4日間フリーのひとり旅。
 昨年は「富山七大河川探訪の旅」というテーマでしたが、今年は目的地が小浜市と決まっている通過型なんで、行く先々でいい川を見つけられたならあという思いを込めて、「北国街道を漕ぐ」というテーマにしました。今回通過する県は、(長野県に至るまでは省略して)長野、新潟、富山、岐阜、石川、福井を予定しています。
 目標は、「通過する1県あたり1本の川を漕ぐこと!」です。

 初日の目的地は、こないだ川見したばかりの神川にしました。

 神川(かんがわ)は、長野県・群馬県境の四阿山(標高:2,354m;百名山)を水源とし、菅平高原を経て南西に流下し、上田市岩下にて千曲川右岸に注ぐ信濃川水系の一級河川です(幹線流路延長21.3km)。

 神川といえば、第一次上田合戦・神川の戦いの舞台として知れていますがカヤックの世界ではまったく無名です。まさか下れる水量があるとは思ってませんでした。東信地方って雪解け少ない印象でしたが、後で調べると、水源の菅平高原付近は比較的多かったようで。そんなん地図見てるだけでは知りようもないですし。こないだ川見できる機会を得たのは僥倖としかいいようがありません。

 川久保橋から覗いてみるとこないだよりだいぶ減っちゃってますが、ふつうに下れそうではある感じ。水位計の数値的には0.14m→0.10mと4pしか変わっていないのですが、水量は感覚的には数値以上に減ってるなあという印象です。

170430_kangawa 2017-04-30 6-48-25.JPG

 区間の設定はかーなり悩みました。高速からアクセスがいいのに川下りでマイナーな川って、だいたい人工物が多いんですよね。川沿いを何度も往復して、結局支川洗馬川の千古の滝下からスタートすることにしました。



 真田の郷は桜がまだ残ってました。今年の花見の時期は相当病んでましたので記憶にないのですが、遅ればせながら、ようやく落ち着いた気持ちで眺めることができました。

170430_kangawa 2017-04-30 7-49-05.JPG

 ちなみに、久しぶりに新しいおもちゃ導入しました。360°カメラ「THETA」であります。防水仕様出るまで待ってたんですが、一向に気配がないので我慢できず買ってしまいました。どんな映像が撮れるのか楽しみです。頭頂部にマウントしましたが、ちょんまげ感ハンパない。そして重い。頭ぶつけると即折れてロストしそうです。

170430_kangawa 2017-04-30 9-27-25.JPG

 洗馬川は岩盤系で悪くない川相でしたが、いかんせん水量不足で、やっぱり区間選定ミスったなあという後悔しきり。千古の滝に釣られたようなもんですが、結局滝も下れなかったし、人工物はポテ重ねてでも本川いっとけばよかったかなあ…。区間短いし、内容も微妙ですし、この洗馬川は通算本数にカウントしないことにします。

170430_kangawa 2017-04-30 10-02-47.JPG

 本川と合流してからはぐんと水量が増えて、期待以上に快適な川下りでした。トントンと段差を降りていく瀬が断続的に続いていてめっちゃ楽しい。

170430_kangawa 2017-04-30 10-12-04.JPG

 とくに畑山様から先は「神」区間でした。件のTHETAで撮ってみたんですが、デフォルトが前後逆だったようで延々背中からの風景を撮っている状態という(白目)。



 とってもいい感じの川相が続いていましたが、堰堤が見えたのでストップ。事前に地図で見ていた際に怪しいと思いつつも入川道が見つからず、要注意としていた場所です。強行突破は微妙に難しい感じと判断して、右岸からポーテージしました。

170430_kangawa 2017-04-30 10-22-01.JPG

 堰堤より下流は気持ち視界が広がり、下りやすくなった感じ。
 ふとちょんまげのTHETAに手を添えてみると、熱っ!てなくらいえらい高熱になってて、いつの間にか電源落ちてました。なんとなく原因は思い当たる。WifiをONにしてるせいかと。正直、バッテリの持ちが落ちたり、肝心な時に撮れないようならWifi機能は使いたくありません。しかし、THETAを覆うハードケース TH-1 は物理的にスイッチON-OFFができずWifiでしかON-OFFできないというクソ仕様だったのです。うーん、どうりでカヤック界で流行らないわけですわ…。

170430_kangawa 2017-04-30 10-34-55.JPG

 川久保橋でガスっと水量減りますが、一応下れました。橋の下の堰堤は強行突破して、牛小屋付近で上陸。うーん、この先どうなんか気になるけど、地図で見る限り人工物だらけやし、たぶん勾配も緩くなるやろしで、やっぱここで上がるのがベターなんかな。

170430_kangawa 2017-04-30 10-58-10.JPG

 出だしこそ微妙でしたが、終わってみれば超楽しかった!

 目標は「通過する1県あたり1本の川を漕ぐこと!」でしたが、まずは長野県クリアー!


ニックネーム ラナ父 at 16:24| Comment(0) | 甲信越>神川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする