2016年10月01日

16-26 芦川渓谷を下る(芦川1◆175本目)

水位:-1.18m(芦川橋)※参考値
 ※多少の増水では-1.18mから動かない模様。

 無念の撤退から一週間。恵みの雨はなく、もうダメだと思いつつ、でもこの目で見るまで諦めきれないということで再びやってきました芦川渓谷。

 なんと、奇跡的に、アッパー区間は水が残っていました。長雨続きで保水性が高まっていたのか。いずれにせよ諦めずに来てよかった。

 ミドル以降は水量不足でしたが、ロワーの核心部がやれそうです。昔takeさんG君に動画を見せてもらって以来、ここを下るのは憧れだったので、テイクアウトは核心部直下までのロングコースに設定しました。今回は家族同伴なので回送はおまかせ。

 第三発電所取水堰下流の橋からプットイン。

161001_ashigawa 2016-10-01 8-26-02a.jpg

 三帳の集落を抜けたあたりから山峡区間。先がよく見えないので下見しながら下る。

161001_ashigawa 2016-10-01 8-49-14a.jpg

161001_ashigawa 2016-10-01 8-53-39a.jpg

 やがて一際大きな建造物が現れる。この第三発電所放流量は1.2トンらしいですが、熊倉沢、横沢の流れ込みも加わるせいか、体感的には倍くらいになった感じがします。

161001_ashigawa 2016-10-01 8-57-29a.jpg

161001_ashigawa 2016-10-01 8-57-51a.jpg

 発電所の下流にはゴルジュになっててすごく雰囲気のよい瀬が控えていました。至福のひととき。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-02-51a.jpg

 次は洞門。確かここも大きいのがあったような…。下見しようっと。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-06-33a.jpg

 瀬はスリット状になっていて、その後もドロップが階段状に続き、洞門の横を流れていく。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-12-44a.jpg

 洞門を抜けると高萩の集落に出て、勾配も緩やかに。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-23-21a.jpg

 第二発電所取水堰に出ました。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-28-45a.jpg

 先週は遠巻き必須でしたが、今日の水量なら右岸ベタからポーテージ。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-31-14a.jpg

 この先は目に見えて減水してます。取水量は2トンらしいですが、この規模の川だと影響はでかい。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-38-57a.jpg

 このミドル区間の核心部もさくっと下る。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-41-53a.jpg

 また堰堤に出ました。これは農業用?
 先週の増水時はちょっとした段差くらいにしか感じなかったんですが、今日は1mくらいありました。左岸からポーテージ。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-47-41a.jpg

 第二発電所が見えてきました。流れ落ちる滝が美しい。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-53-57a.jpg

 ここで水は一度戻ってくるのですが、あいにくすぐ下流に第一発電所取水堰が設置されていて、また導水管の中へと消えていきます。ちなみに取水量は2.23トン。
 ここの堰堤はポーテージできないので強行突破。ミドル区間が快適に下れるくらいの水量時はこの堰堤をどうやって回避するかが課題ですね。

161001_ashigawa 2016-10-01 9-59-30a.jpg

 橋の上から見守る妻子。

161001_ashigawa 2016-10-01 10-00-05a.jpg

 第二発電所を過ぎると、いよいよ畑熊の核心部です。初めて動画見たとき強烈なインパクトでした。まさか下れる日が来るとはね…。神妙な気持ち。

161001_ashigawa 2016-10-01 7-41-52a.jpg

 核心部直下でテイクアウト。

161001_ashigawa 2016-10-01 10-10-36a.jpg

 いや、すごい充実感。自分好みの川を発見した時の高揚感、下見を重ねて区間を決め、下りきった時の達成感。この感覚、久しく忘れていました。

 水を残してくれていた芦川に感謝。二週連続お出かけのわがままを許していただいた家族にも感謝です。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 22:03| Comment(0) | 甲信越>芦川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする