2016年03月26日

16-04 大見川つづき<後編>(狩野川1)

 狩野川本川はおまけみたいなものです。

 修善寺橋上流に大きめの瀬があったので、これだけ下ろうかなと修善寺橋下流をゴール地点に設定しておりました。
 が、その前に分岐してたんですね。間違えて中洲の左岸側ルートに入っちゃったら例の瀬の下に出てしまいました。

 しゃあないので担ぎ上げてから漕ぎ下ることに。遠くから見た時はなかなかの迫力やなあと思ってましたが、よくよく観察してみれば水量不足で漕げるルートがほとんどない。ただここも岩盤が露出していて増水時はおもしろそうな波が立つかも。

160326_ohmigawa 2016-03-26 14-23-56.jpg

 ルートを見定めたら、さくっと下ってゴール地点へ。

160326_ohmigawa 2016-03-26 14-31-18.jpg

 川原には、菜の花が咲き乱れていました。幼少期を過ごした尼崎の猪名川というドブ川も、春になれば川原を一面黄色に埋め尽くしていたのを思い出します。原風景的なイメージ。

160326_ohmigawa 2016-03-26 14-33-28.jpg

 漕ぎ始めは半ばやっつけ気分でしたが、予想に反してなかなか楽しかった。

 知識と経験をフル動員して漕ぐ区間を決めるとき。
 未知の区間に入るときのドキドキ感。
 瀬音、風が運ぶ土地のにおい。
 漕ぐ行為そのもの。

 自分が心から楽しいと思えることが、何も変わってなかったことに気が付いたとき、胸の奥底に澱のように溜まっていた重く暗くモヤモヤしたものがすっと晴れた気がしました。


ニックネーム ラナ父 at 04:43| Comment(0) | 東海>狩野川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする