2016年04月17日

16-08 新潟跳弾ツアー2本目(三国川1◆168本目)

水位:1.14m(当ノ坂)水量:14.10t(三国川ダム放流量)

 道の駅いりひろせから高速使って1時間くらいで三国川ダム下まで到着。弾丸ツアーから跳弾ツアーに訂正です。

 この三国川(さぐりがわ)も、昨年下見済みです。
 とても気になっていたダム上流(十字峡)への道は今日も封鎖されていました。夏にならんとあかんのかなー。今度行くときはダム管理事務所に確認してからのほうがよさそうです。

160417_saguri 2016-04-17 13-22-15.jpg

 区間は自ずと五十沢発電所までの約2kmのショートコースに決まり。

 出逢い橋から出発です。しかし、スタート直前に異変が発覚。
 あれ、エア漏れてる…? 右サイドチューブがベコベコになってました。破間川では何の異常もなかったんですが…。試しに再度膨らませてみましたが、みるみるうちに萎んでしまいました。

 ショッキ!

 パンク位置はむかし修復したところだろうと想像がつくんですが、応急処置用のテープ、そういや持ってきてなかったなあ…。ここまで来てリタイアってのはあまりに辛い。たったの2kmやし、いつでも上がれるし、とりあえず継続してみよう。

160417_saguri 2016-04-17 13-59-16a.jpg

 最初にいきなり核心のドロップ。だましだまし下れました。今日一番ひやっとしましたがおもしろい。もう一回やりたいくらい。

160417_saguri 2016-04-17 14-00-41a.jpg

 昨年下見時の水量は約40トンで、わらび野橋からの眺めはみなかみばりのビッグウェーブ祭りでしたが、今日はその1/3程度の水量しかないので岩絡みのテクニカルコース。全然別の川と化しています。

160417_saguri 2016-04-17 14-08-12a.jpg

 新清水瀬橋を通過。ここはコンクリがらみの瀬があります。この区間、やたら橋梁の密度が高い。しかもほとんど同じデザインなので識別しづらいという。

160417_saguri 2016-04-17 14-13-46a.jpg

 右サイドが死んでいるので、重心を左サイドとフロアの間に置いて、左サイドとフロアでV字になる感じでなんとか漕ぎ続けました。
 体勢はかなり辛いが、縛りプレイと思えば楽しい…、いや、正直、全然楽しくない。言うこときかんし、スピード乗らんし…。

160417_saguriM 2016-04-17 14-15-59a.jpg

 清水瀬橋を通過すると残りあとわずか。プットイン付近が最も勾配高くて、徐々に勾配が緩くなってくる感じでした。

160417_saguri 2016-04-17 14-16-00.jpg

 五十沢発電所に到着。所要時間はたったの20分たらずでした。もうちょっと長かったらなー。惜しい。
 発電所下の堰堤も越えられなくはなさげですが、越えたところでこの先も堰だらけなので潔く諦めました。

 昨年GWの一人旅で下見してのち約1年でようやく漕ぐことができました。元ヤンさんお誘いありがとうございました。

 破間川はこんど上流部もじっくり下見してみたい。支川西川も。
 あと、三国川のダム上流は、夏場に開放かな? ここもぜひ訪れてみたい。
 それと、魚野川本川にも行ってみたいです。帰路の関越道土樽PA付近からちょっと見えた感じではなかなかよさそうに見えました。魚野川といえば中下流域では聞くけど、上流部って下れるのかな? また川見に訪れてみよう。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 23:42| Comment(0) | 甲信越>三国川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする