2015年05月03日

15-06 【GW】ふくしまDC2日目1本目(白石川1)

 水位:0.84m(関) 水量:15.84→11.96t(七ヶ宿ダム;入)

 ふくしまDCも2日目を迎えました。本日1本目(2本目があることを想定しまして…)は白石川。2年前に七ヶ宿ダム下流の小原渓谷碧玉渓を下りましたが、今回の区間はダムの上流部です。
 当時Googleマップから下見して、なんかヤバそうな場所あるなあと印象に残っていた区間でしたが、昨年元ヤンたちが開拓。今がホットな川になります。

 滑津大滝からプットイン。

150503 shiroishi 02.jpg

 この滑津大滝を登ってタイババさんが滝落ちー! 滝つぼは巻いてはいませんが、いたるところに岩があり、コースをミスると大怪我必至なので難度高めと思います。ちなみに最初はフネだけ落ちてきてびっくりしました。

150503 shiroishi 2015-05-03 9-18-25a.jpg

 しばらくはサラサラと穏やかに流れる癒し系。七ヶ宿ダム流入量16トンに比して、このあたりの流量は3〜4トン程度といった感じ。

150503 shiroishi 2015-05-03 9-27-51.jpg

 しばらく漕ぎ進むと高さ2mくらいの砂防堰堤。魚道が見当たりません。ポーテージは、右岸の崖をよじ登って巻きますが、フネはぽーいと堤下に放り投げます。なんだか楽しい。

150503 shiroishi 2015-05-03 9-45-04a.jpg

 この砂防堰堤を契機に徐々に川相が変わってきました。川床が岩盤になり、流れが複雑になってきました。
 板滑橋を過ぎると、核心部スタート。2段構成のドロップです。
 1段目は水量不足でコースが狭い! 続く2段目は幅はあるけど浅い。また、左岸に抜けるルートに巨大なログが入ってます。

 各々下見しながら思案に暮れる最中、一番手の元ヤンが飄々と下っていきました。うお、めっちゃクールやん。元ヤンってこんなキャラでしたっけ?

150503 shiroishi-03.jpg

 2番手は私。
 1段目はルート狭すぎてハイリスクと判断し、担ぎました。2段目だけチャレンジ。浅い…。ダッキーではギリギリでした。

 3番手はほりほりさん。
 1段目で沈。まさかまさかの左岸ルートへ吸い込まれていく…。直前で起きたけど、ログに張り付いてしまいました。

150503 shiroishi-04.jpg

 肝つぶしました。ロープ投げたいけど、投げたところでどうにもならない。ひさしぶりに、心臓がバクバクと大きな音を立てるのが聞こえました。しかし本人は至って冷静で、マイクロエディーをうまく駆使して見事メインルートに復帰しました。ああ、なるほどなと感心しきり。ログの下に潜ってしまった場合のことばかり考えていて、前向きな発想ができてませんでした。よい勉強させていただきました。

 しかし、ほりほりさん、メインに戻る際にもフリップしてしまい、パドルを残して下り沈…。
 いささか難儀しましたが、ヌマちゃんと私のコンビで無事に回収! ほりほりさんの旦那さんのトロ5さんにはむかし、泳ぐ花鳥をレスキューしてもらったことがありました。当時の借りをようやくお返しできたということで…。

150503 shiroishi-05.jpg

 4番手のタイババさんはとにかく華麗でした。ブーフするとき、パドルを入れるのでいったん後傾になりますが、テイクオフする瞬間には前傾になってる。なるほどなあ、このタイミングでパドル入れるのか…。

150503 shiroishi-06.jpg

 核心はこれで終わりと思いきや、ピリ辛の瀬はまだまだ続いていました。板滑橋以降全体的に難度が一気に上がってますね。支川からの流れ込みがドカドカ入ってきて、水量もいつのまにやら当初の倍くらいに増えてます。

150503 shiroishi 2015-05-03 10-45-51.jpg

 核心の最後に滝あるよーと聞いてましたが、その直前にもけっこう大きな二段のドロップがありました。右岸側に岩があって狭いので、左岸側に抜けるのがベストルート。しかし多くの方があえて右岸側の難しいルートへ…。

150503 shiroishi 2015-05-03 11-22-54.JPG

 締めくくりの滝。落差はありますが、今までの瀬に比べたら、めっちゃ素直でした。

150503 shiroishi 2015-05-03 11-36-03.jpg

 山一橋を過ぎると、ふたたび川相はスタート直後のように穏やかに。実はまだ全体行程の半分程度でして、残りは里川ふうの雰囲気の中のんびりと漕ぎました。ダム上流の白石川の基本的な顔は癒し系。むしろ板滑橋〜山一橋間の約1qだけが、特異な区間なんですね。

 岩壁にはうるいがわんさか。

150503 shiroishi 2015-05-03 12-00-41.JPG

 終盤、横川が左岸から流入すると、水量が一気に倍増。これがダム流入量で表示される水量なんですね。たったの700m程度の距離しかありませんでしたが、バックウォーターに至るまでの間、迫力のあるホワイトウォーターを楽しめました。

150503 shiroishi 2015-05-03 12-26-06.JPG

 七ヶ宿ダム上流端でテイクアウト。

150503 shiroishi 2015-05-03 12-00-41.JPG

 9時半スタートの12時半ゴール、約3時間の長丁場でした。けっこう充実感に満たされていましたが、それでもたぶん2本目やるんやろなー(笑)。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 00:50| Comment(2) | 東北>白石川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする