2016年02月21日

16-03 雨で増水の桂川(桂川3)

水位:1.67m(大月)

 雪の次は雨です。先週の大雨時にも実は狙っておったんですが(大月水位2mオーバー)、時間が合わず断念。がっくりしていたところに2週連続の恵みの雨でした。

160221_katsura 2016-02-21 13-54-54.jpg

 増水なので長めに距離と取ろうと猿橋からスタート。

160221_katsura 2016-02-21 13-57-21.jpg

 先月までの癒し系とは違って、なかなかの迫力でした。

160221_katsura 2016-02-21 14-55-39.jpg

 一ヶ月空いてしまったけど、今年はなんとか継続的に漕げてます。3月に入ってもう少し暖かくなったら、どこか旅に出かけたいな。

160221_katsura 2016-02-21 14-56-28.jpg


ニックネーム ラナ父 at 07:44| Comment(0) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

16-02 残雪の桂川(桂川2)

水位:1.36m(大月)

 先週暖冬やなあとか言っていたら辻褄を合わせるかのように寒波がやって来まして、今日の桂川は雪景色でした。

160124_katsura 2016-01-24 13-09-58.jpg

 静謐のひと時。

160124_katsura 2016-01-24 13-25-37.jpg

 広がる碧空。

160124_katsura 2016-01-24 13-47-38.jpg

 発電取水停止フル状態に比べれば乏しい水量ですが、下る分には申し分ない。今日も楽しく下らせていただきました。

160124_katsura 2016-01-24 13-51-10.jpg


ニックネーム ラナ父 at 08:49| Comment(0) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

16-01 2016年初漕ぎ(桂川1)

水位:1.35m(大月)

 今年初漕ぎです。

 なんや噂では、今年の桂川は2月末までずっと発電取水停止→水量ドバーと聞いていたのですが…。確かに水量は増えていますけど、20cmくらい?
 ソロ漕ぎなので、電車回送しました。

160117_katsura 2016-01-17 9-49-31.jpg

 鳥沢で下車して川沿いを歩いていると…、シャチョサン発見!
 うおお、桂川では初めて見た(ヤギはむかし何度も見ましたけど)。

160117_katsura 2016-01-17 10-21-054.jpg

 透明感がすごい。桂川ってこんなにきれいなんですね。
 やっぱりちょっとにおいますけど…。

160117_katsura 2016-01-17 11-18-18.jpg

 鳥沢ホール右岸の岸壁はこの時期氷壁になっていますが、今年はふつうの崖のまま。暖冬なんですね。

160117_katsura 2016-01-17 10-57-41.jpg

 核心部で瀬音を聞きながら、まったりと過ごしました。

160117_katsura 2016-01-17 11-28-26.jpg


ニックネーム ラナ父 at 06:12| Comment(0) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

15-23 今年初の桂川(桂川1)

 水位:2.13m(大月)

 5月末の宝川以来、しばらくご無沙汰だったQさんからお誘いがあり、雨で増水した桂川へ。

 Qさんのほかは、山ちゃん、グッチさん、ヤリサさん、O塚さんが一緒でした。グッチさん以降3名ははじめましての方々。ヤリサさんだけ面識あったけど、一緒に漕ぐのははじめて(だと思う)。

P1060832.jpg

 桂川はなにげに今年初でした。今年は取水停止がなくで1シーズン飛んでるので、かれこれ約1年半ぶりか。よくよく思い出してみると、前回下ったときはラナがまだ元気なときで、あの大雪の直後でした。

150913_katsura 2015-09-13 10-02-28.jpg

 鳥沢ホールはやっぱり大繁盛。見知った顔もちらほら。

150913_katsura 2015-09-13 11-02-39.jpg

 なにげに水位2.1mオーバーで漕ぐのは初めてだったかも。核心部はけっこう迫力あって、ドキドキでした。みなさんさくっと下ってましたけど。

150913_katsura 2015-09-13 11-30-25.jpg

 久しぶりに四方津まで下りました。楽しかったなー。Qさん今回もお誘いありがとうございました。


ニックネーム ラナ父 at 13:37| Comment(2) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

35 桂川Upper滑り込み(桂川6)

 水位:1.13m(桂川強瀬)



 あまり眠れませんでした。気が張ってまして…。

 別に、焦らなくていいと思っていたし、仮にこの先この川を下ることがなくなっても、それはそれでいいとも思っていました。でもその反面、背中を押してくれるきっかけを、心のどこかで探していたのかもしれません。

 桂川アッパーセクション、結局挑むことにしました。

 先週とうってかわって今日の中央道は朝から大渋滞でした。10分遅刻。こちらから時間設定しといて、すみません。

 高月橋の瀬は、先週と変わらない水量で豪快に流れていました。取水停止期間は明日で最後という情報だったので、少しくらい絞っているかも…と僅かに期待していましたが、いよいよ腹を括るしかなさそうです。

141115 katsuraU2 2014-11-15 9-57-11.jpg

 今日ご一緒するのは、Qさんとスモモさん。ロワー区間では何度も一緒に下っていますが、三人パーティで下るのは今日が初めてです。このアッパー区間については、スモモさんは昨年一度だけ下ったことあり、Qさんは今日がデビュー戦。

141115 katsuraU2 2014-11-15 10-01-45a.jpg

 一番回数の多い私が、自ずと先導役になりました。
 下っていくと、何か違和感があります。全然、迫力を感じない。
 あれっ? これって、もしかして…?
 水が減ってる…!?

 そういえば、プットインする時、東京電力のロゴ付けた人が川茂堰堤に入っていくのを見ました。水門のバルブをキュッキュッと閉めてたのかなあ…?

141115 katsuraU 2014-11-15 10-11-42.jpg

 舟場橋に至り、疑惑は核心に変わりました。水量は先週の半分、いや、もっと少ないか。シルトの跡が残る岩盤を見れば、水位にして30〜50cmくらいは低下しているようです。

 それでも御嶽くらいの水量は残ってるんですが、本来の姿と比べると、もはや癒し系といってもいいくらいにおとなしくなってます。すっごく緊張してたのに、ちょっと拍子抜け…。しかしまあ、リハビリ中の身としては、これがベストだったのかもしれません。むしろ願っていたとおりになったというか…。

141115 katsuraU 2014-11-15 10-30-14.jpg

 いつもなら泣きの入る核心のゴルジュ区間も、ストレスを感じず、楽しく下れました。個人的に一番緊張するプレざむらいも楽々通過。

141115 katsuraU 2014-11-15 10-55-27.jpg

 サムライは岩によじ登って下見。

141115 katsuraU2 2014-11-15 11-20-39.jpg

 いつもならジャンプ台となる右岸側の岩が露出していて使えず、ルートがけっこうテクニカル。

141115 katsuraU 2014-11-15 11-16-07.jpg

 無事に乗り越えた時、雄叫びが出ました。また一つ、吹っ切れたような気がしました。

141115 katsuraU 2014-11-15 11-23-08.jpg

 ハラキリへ。
 もちろん、ここもかなり減ってますが、最後のホールが巻いてるのかどうか、どうにも判断がつきません。
 いつの間にか、ヘルメットに装着しているアクションカムが壊れて録画できなくなっていました。さらに、レスキューヘリがバリバリと爆音を立ててすぐ近くを飛んでます。何だか気味が悪い…。

 今日初めてのQさんは、果敢に挑戦。バックウォッシュをうまく抜けるのを見届けたスモモさんもチャレンジ。
 Qさんは担ぎ上げてさらにもう1本!
 ノリノリです。

141115 katsuraU2 2014-11-15 12-08-49.jpg

 しかし、最後までどうにも戦意が湧いてこず、結局私だけポーテージしました。またとないチャンスなんやろけどなあ。惜しいけど、まあ、ムリはせんとこ…。

 この先は先週下ったばかりなので、より違いを感じることができました。気のせいか、水量がさらに少なくなっているような…? どうにも、リアルタイムで減水してるっぽい感じでした。水がなくなる前にと、駆け足でゴール。


 なんだか中途半端な気持ちのまま臨んだ桂川アッパー。結果的には、リハビリにはちょうどいい水量で楽しむことができました。漕いだ後にガッツポーズ出たのって、今年初めてのことかもしれません。心の再構築がだんだん進んできたのかなあと思えた一日でした。喜びと共に、一抹の寂しさもありますが…。

 Qさんとスモモさん、貴重な一日をありがとうございました。

 なお、故障したと思われていたアクションカムは、SDカードを抜き差ししたら復活しました。データも無事。サムライを最後に切れてたんですが、下見のために左岸の岩をよじ登った際、強く打ちつけたのが原因かと思われます。


ニックネーム ラナ父 at 04:26| Comment(0) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

34 リハビリ(桂川5)

 水位:1.13m(桂川強瀬)



 先月からの取水停止に伴い桂川アッパー区間に水が戻っていると聞いてはいたんですが、今年は無理かなと思っていました。
 9月末からようやくソロ漕ぎを再開し、道志川のような漕いだことのないセクションにも挑戦できるくらいには回復したんですが、桂川は別格というか。自身の実力以上の技術が要求されるんで、いつも背伸びして、何とか下ってきた場所でした。現在の回復途上の状態では、どうにも漕ごうという気になれません。

 とはいえ、道志川の水量も一段落してしまったし、リハビリがてら序盤か終盤だけでもちょろっと漕いでみようなかなと立ち寄ってみることにしました。

 先月の秋川のときと同じ、涙雨。
 高月橋から歩いて、ハラキリの下からプットインしました。

141109 katsura 2014-11-09 10-13-33.jpg

 水量は、たぶん去年と同じくらい。いやー、怖い。
 25分くらいであっという間に終わってしまいましたが、ドキドキの連続でした。

141109 katsura 2014-11-09 10-39-36.jpg

 取水停止期間は来週末で終わりだそうですが、いやーやっぱり今年は無理かな…。


ニックネーム ラナ父 at 05:37| Comment(0) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする