2014年09月27日

28-2 静岡ひとり旅 2本目(安倍中河内川1)

 水位:-0.75m(玉川) 累加雨量:〜129o;25日09時(玉川)

 ■ 安倍中河内川(玉川)

 77本目。西河内川出合以降は2009年2月、柿島(玉川公衆トイレ)〜西河内川出合区間は2009年7月に下っています。カツカツだったのは後者でした。ここの渓谷部を今一度下りたくてやって来たのですが、柿島よりさらに上流部が気になってたんで下見に向かいました。

 上落合まで遡ると、仙俣川と分かれます。仙俣川がめちゃキレイで惹かれますが、あいにく水不足。本川との出合以降も、かろうじて下れるだけの水量しかありません。迷いに迷って、結局、出合から800mほど下流へ下がった先の入川道からプットインすることにしました。

 回送はアップダウンが大きくてしんどい。山道に入ると、彼岸花がちらほら。一方で、ツクツクボウシも鳴いていました。そういえば自宅近所ではもう聞かなくなりましたね。まだ夏は完全には終わってない気がして、なんだか少しうれしくなりましたですわ。

140927 nakagohchi 2014-09-27 11-19-24.jpg

 スタートは12時ちょい過ぎ。
 漕ぎはじめていきなり山楝蛇さん登場です。泳ぎ疲れて休憩中…?

140927 nakagohchi 2014-09-27 12-07-16a.jpg

 この区間は水量がちょっと足りないかなと思っていましたが、この選択は大正解でした。期待値をはるかに上回る超絶癒しゾーン。険悪さはなく、ときどき小さなドロップがある程度の、女性的な柔らかな川相。

140927 nakagohchi 2014-09-27 12-23-56a.jpg

 ずっとこのまま流れていたい…。幸せなひと時でした。

140927 nakagohchi 2014-09-27 12-26-19a.jpg

 長妻田の集落以降は、ちょっとダレました。また渓谷部に戻って素晴らしい景観なんですが、瀬があまりに単調すぎて…。

 それでも、のんびり下るには最高のシチュエーションだったんですが、けっこう巻いて下りました。それは、3本目が見えていたからです。早く終わったら、もう1本漕げるかも? と。泊まりOKの今日は門限に縛られず、存分にのんびりできたはずなのに、この慌しさでは日帰りと変わりません。そういう性分なんでしょうかね。



続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 05:32| Comment(0) | 東海>安倍中河内川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする