2014年09月27日

28-1 静岡ひとり旅 1本目(安倍川1)

 水位:0.63m(牛妻) 累加雨量:121o;〜25日09時(梅ヶ島)

 久しぶりのぼっち旅。
 日帰りレベルですら、5月(ラナとの最後の川下り)、泊まりとなると、昨年11月のオグタマ以来です。ぼっちといいながら、これまではずっとラナがいてたんですが、これからは本当の単独行になりますね。

 行き先は、漠然と上信越方面で考えていましたが、24日(水)〜25日(木)にかけての元台風16号の影響で100ミリ以上のまとまった降雨があった静岡方面に定めました。

 まず、新しい川を目指すか、下ったことのある川へ再訪するか、考えが大きく二分されていました。ラナがいた頃と同じ行動原理に基づいて動くか、過去に訪れた川で思い出を振り返ってみるか。

 そういえば静岡の川は、下るには下ったけど、カツカツの場合が多かった印象があります。

 安倍川、安倍中河内川、笹間川、太田川…。

 これらの川は、一部もしくは大半をライニングダウンして下りました。その川が本来持つ魅力を味わうには、せめて通しで下れる程度の水量はないと、と思ってはいたんですが、常に新しい川を目指すスタンスでいたんで、結果として後回しになってしまっていました。新しい川を下ることを最優先事項として突っ走らなくてもよくなった現在、ちょっと立ち止まって改めて漕ぎ直す時間があってもいいかな…。

 ■ 安倍川

 68本目。2008年2月以来ですから、6年半も前ですか。思い出は、とにかく歩きまくったことしかありません。ラナはむしろ楽しそうでしたが。この時川太郎はまだお腹の中でしたね。この6年の間に新東名が完成して、アクセスが非常によくなりました。

140927 abekawa 2014-09-27 8-46-33.jpg

 川の水の色は生コンみたいでげんなりでしたが、大河内堰堤を境に上流部はかなり改善されてたんで胸を撫で下ろしました。あの時ゴツゴツだった岩がすべて水面下に消えてるんで、おそらく30〜50cmくらいは水位が上がってるでしょう。それでも川筋は細いんですが、下る分には問題なさそうです。

 徒歩回送して、9時ごろスタート。めちゃめちゃ快適です。こら、もしかしたら回送の時間より早いかも。

140927 abekawa 2014-09-27 8-58-14.jpg

 あっという間に沈没船岩までやってきました。たしか、この先が核心だったような。6年前はでかいログがかかってました。

140927 abekawa 2014-09-27 9-19-51.jpg

 一応、上陸して下見。

140927 abekawa 2014-09-27 9-21-38.jpg

 右ベタか左ベタかな…。狭いけど、面白そうな 左ベタで下りました。

140927 abekawa 2014-09-27 9-25-04.jpg

 後半部。これもよくよく見てみるとけっこうルートが狭いことが分かりましたが、これくらいならノープロブレムです。

140927 abekawa 2014-09-27 9-29-31.jpg

 前回テイクアウトの橋からさらに下り、橋の手前で上陸。所要時間は約50分。前回とはえらい違う、特急ダウンリバーでした。



続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 05:43| Comment(0) | 東海>安倍川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする