2016年10月09日

16-27 変わらないもの(荒川1)

水位:1.45m(親鼻)

 何年ぶりの再会かな?
 確かルワンダに旅立つ前の壮行会かなんかで御嶽のA-yardに泊まったのが最後だった気がします。

 天気はあいにくの雨だったので、寄居にある埼玉県立「川の博物館」に行きました。今となってはフツーに思える行動ですが、昔Gくんと下っていたころだったらありえないでしょうなあ。

161009_nagatoro 2016-10-09 10-08-46.jpg

 昼になって雨が上がり、当初予定の川下りへ。
 日本に帰ってきてから一度も川に行ってなかったみたい。Gくん、ずっとにやけてました。

161009_nagatoro 2016-10-09 12-26-12.jpg

 あの頃の再現というわけでもないですが、長瀞できゅうりを食し、満願の湯にも久しぶりに訪れました。ちなみにGくんは川は下らずとも満願の湯だけは家族で何回も行ってたらしい。

161009_nagatoro 2016-10-09 13-11-37.jpg

 まだ私が関東に来て間もない頃、Gくんと花鳥とラナとで毎週のようにあちこちの川を下ってました。今となっては懐しいセピア色の思い出です。

 月日は流れ、花鳥は関西にUターン、G君はアフリカへ旅立ち、ラナは虹の橋を渡り。
 ずっとあの頃のままでいたかった気もするけど、現実には年齢を重ね、仕事もしんどくなり、子どもも大きくなったりで。今となっては、たまに一緒に下れたらいいなというレベルなんですが、細々ながらもずっと続けていくことができたらいいなと思っています。


ニックネーム ラナ父 at 22:16| Comment(1) | 関東>荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

16-23 横瀬川つづき(荒川1)

水位:2.20m(親鼻橋)

 泥水の荒川は瀬がつぶれていてひたすら流されるのみ。とはいえカヤックなのでちょっとした波でも怖い。沈したらロールできんし…。

160903_yokose 2016-09-03 12-34-10.jpg

 唯一、小滝だけはすごいことになっていました。当然回避(このころにはダッキー復帰)。

160903_yokose 2016-09-03 13-52-16.jpg

 いつものくつなしで上陸。

 漕ぎ始めが9時ごろ、荒川合流点が12時25分ごろ、くつなし到着が14時すぎ。5時間越えの長い長いダウンリバーでした。距離はGPSロガーレベルで26.5qとけっこうな長丁場でした。
 ご一緒くださったみなさま、ありがとうございました。


ニックネーム ラナ父 at 21:51| Comment(0) | 関東>荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

26 長瀞ファミリーカヤック(荒川1)

 水位:1.62m(親鼻)

 前日のみなかみはカツカツとはいえすっごく楽しかったんですが、さすがに子ども連れては下れないなあと、一夜明けて長瀞に移動することにしました。

 長瀞はラナの川日数ランキング8位/全143本(15日間)です。一時期けっこう通ってたんですが、花鳥、G君、びっくりとんかつのイメージが強すぎて…。

 夜半はかーなり冷えてたんですが、日が昇るとともに気温がぐんぐん上昇して快適に。朝一番で公園遊びしました。カヌーや川遊び、キャンプなどのアウトドア生活って、子どもたちにとってこの時期にできる経験としてすっごく貴重なものと思っているんですが、実は一番喜んでくれるのは公園なんですよね…。

140914 nagatoro 2014-09-14 8-32-17.jpg

 川次郎さん、パジャマ裏表反対です!

 で、件のご夫婦連れて長瀞漕ぎ始めましたが、しょっぱなのスピンホール以降ぜんぶ流されてしまいました!
 居合わせた前ちんに手伝って助けていただきました…。

140914 nagatoro2014-09-14 11-51-16.jpg

 小滝で下見しましたが、やっぱりそこそこでかそうな感じ。もし流されると左岸に張り付いて苦しい思いをすることになるのでこれも緊張しましたが、あっさり突破。その後もなんだかんだで順調に下れてしまいました。

140914 nagatoro 2014-09-14 11-54-49.jpg

 2本目はファミリーカヤック。
 珍しく家族で記念撮影。 

140914 nagatoro 2014-09-14 14-42-16a.jpg

 鉄橋下からは左岸に寄せてウェーブをかわし、小滝は右岸側のエスケイプルートを取りました。
 岩畳まで来てようやく一息。川次郎くん、ついに足のつかないところでも泳げるようになりました。ここ最近、ハイペースで川に通っていましたが、比例してどんどん親水性があがってましたもんね。うれしい出来事です。

140914 nagatoro 2014-09-14 15-04-33.jpg

 しかし、遊び疲れたのか、終盤は舟を漕ぎ始め…。

140914 nagatoro 2014-09-14 16-01-01.jpg

 瀬で水かぶるとはっと一瞬目を覚ましますが、その後もこっくり、こっくり…。緊張感まるでありません。大物やなー。

140914 nagatoro 2014-09-14 15-59-59.jpg
ニックネーム ラナ父 at 06:02| Comment(0) | 関東>荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする