2015年08月13日

【川遊び編】【夏休み】嶺南 南川

 taibaba家をあとにして、再び本州へ。関東から再び関西に帰省した奥さんをピックアップして、今年も嶺南若狭まで。南川で川遊びしました。去年と違って今年は水量が乏しく、ちょっと川くさいですが、子どもたちはおかまいなしに泳ぐ泳ぐ。

150813 obama 2015-08-13 15-02-53.jpg

 私は魚とりに勤しんでました。川底をよく見るとヨシノボリがいっぱいいて、逃げるルートを読んで網ですくう。捕まえた後は、子どもたちが作った岸辺の囲いに放り込んでおったのですが、彼ら潜るみたいでいつの間にか忽然と姿を消していました。脱走の名人ですね。

150813 obama 2015-08-13 15-07-14.jpg

 川遊び定番の飛び込みも、夏の始まりに比べるとなんの躊躇もなくできるようになりました。

150813 obama 2015-08-13 15-23-00.jpg


ニックネーム ラナ父 at 05:13| Comment(0) | 川遊び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

【川遊び編】【夏休み】黒尊川(四万十川支川)

 四万十川カヌーのあと、江川崎にある西土佐スーパー彦一で買出し。
 学生時代初めて四万十川に訪れた際(1996年)にもここで買出ししてファルトに山積みして下りました。あの頃と変わらず佇まいと活気が残ってくれていてすごくうれしい。

150811 kuroson 2015-08-11 13-29-55.jpg

 江川崎から下流の道路は川よりよっぽど難所のイメージでしたが、岩間の沈下橋までドーンとトンネルぶち抜きで新道ができていました。時の流れってすごいな。

 川遊びの目的地は、黒尊川です。ここはもう穴場ではなく、川沿いのいたるところにクルマが停まってましたが、比較的空いている上流部に場所決め。着替えの最中に川太郎くん、ミヤマクワガタの死骸見つけて興奮していました。夏休みの自由研究テーマは「むしのはね」収集にするとのこと。コレクターの彼らしい。

150811 kuroson 2015-08-11 14-51-45.jpg

 山間部の清流はだいたい水が冷たく、加えてアブの大群が控えてたりするのですが、ここはキレイなのにぬるくてアブもいないという理想郷だったりします。四万十川であれだけ泳いでたのに、昼食でエネルギーフルチャージできたのか、まためいっぱい遊んでました。

150811 kuroson 2015-08-11 14-57-55.jpg

 基本ぬるい川ですが、湧き水の湧き出ている付近は冷たくて気持ちいい。水温の低いところではサワガニも隠れていました。
 この黒尊川は、過去2003年(増水)と2004年(渇水)の二度漕いでいますが、今度は子どもたちとも漕ぎたいな。増水時限定なので運次第ですが。

150811 kuroson 2015-08-11 15-42-32.jpg

 川遊び終了後、口屋内沈下橋を眺める。私にとっての原風景的な眺めで気持ちがすごく落ち着きます。沈下橋は崩壊しているのか通行止めになっていて、ひと気がありませんでした。久しぶりにここでキャンプしようかなと思いましたが、ヤブ蚊に刺されまくったからな…。眺めるだけでガマンしよう。

150811 kuroson 2015-08-11 16-53-47.jpg

 夕食の買出しがあったので、再び江川崎のスーパー彦一に戻りました。テン場は結局無難なところで「四万十 川の駅 カヌー館」にしました。利用するのはなにげに今日がはじめて。お風呂は近所の「西土佐山村ヘルスセンター」を利用しました。江川崎でお風呂入れるって知らんかったなあ。

150811 kuroson 2015-08-11 17-45-03.jpg

 わざわざ有料のキャンプ場を選んだのは、ヤブ蚊がいないからだろうと期待していたからなんですが、甘かった。フツーにでかいのに刺されます。結局テントの中でメシ食べましたが、涼しくなってくれてホント助かりました。

150811 kuroson 2015-08-11 18-50-18.jpg

 夜中にテントの外に出る。期待していた満天の星空。いくつもの流れ星。子どもたちはフルフルで遊んでいたせいか早々に爆睡してしまいましたので、一緒には楽しめなかったけど、初めてカヌーした頃を思い出しつつ、心地よい眠りに就くことができました。


ニックネーム ラナ父 at 05:57| Comment(2) | 川遊び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

【川遊び編】【夏休み】瀬戸川渓谷(吉野川支川)

 夏の四国旅は、これまで右下を巡ることが多かったんですが、今年は10年ぶりに左下を巡ってみようかなと考えていました。一番の目的は、子どもたちを四万十川に連れて行ってやりたい、というもの。

 四国3日目に入った本日は朝から四万十川に向かう予定でしたが、うちの奥さん11日に仕事が入ってしまい、夕方の便で高知龍馬空港から関東へ帰らなければならなくなりました。ということで今日は高知市周辺で遊ぶことに予定変更。

 前から足を伸ばしてみたかった、早明浦ダム上流へ行ってみることにしました。将来の川下りの下見も兼ねて、とりあえず近くて一番大きそうな川は、ということで、早明浦ダム湖右岸に注ぐ瀬戸川渓谷を選択。家族同伴だと下見メインというわけにはいかないので、川に下りられそうなところで早々に切り上げ、「川奈路渓谷」と呼ばれるあたりでプットインしました。

2015-08-10 12-59-18.jpg

 巨大岩ゴロゴロ。水増えたら超エグそうな川相でした。下流にダムがあったので、発電で水抜かれているっぽい。

150810 seto 2015-08-10 11-12-22.jpg

 水はめちゃキレイ。でも、冷たいです。

150810 seto 2015-08-10 11-12-40.jpg

 巨石と岩盤が織り成す幻想的な風景が広がっています。スポットだけでも構わないと、ついカヌーを浮かべてしまいました。

150810 seto 2015-08-10 11-53-00.jpg

 これだけのいい川なのに、周辺には誰もいません。理由は遊んでてしばらくして分かりました。
 アブ野郎です。大群で次から次へと襲ってくる。あー、そういや夏の渓谷にはこのトラップがあるのんすっかり忘れてたー。子どもたちが音を上げてしまったところで退散することにしました。

150810 seto 2015-08-10 12-33-19.jpg

 帰りは早明浦ダム湖左岸に注ぐ大北川渓谷をチラ見。ここもよさげですが、水がないし、ダム湖出合付近は谷がめっちゃ深い。

2015-08-10 13-17-55.jpg

 遅めの昼食は、本山町土佐あかうしのお店ロフトにて。

2015-08-10 14-33-29.jpg


ニックネーム ラナ父 at 04:23| Comment(0) | 川遊び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

【お盆休み】四国入り初日

水位:3.57m(豊永) 3.62m(穴内川)

 金曜日のうちに新幹線で関西に帰省できたはいいものの、台風11号さんのおかげで土日は足止め状態でした。
 ・明石海峡大橋をはじめ、四国道、国道関係が軒並み通行止め
 ・一時的とはいえ、吉野川の池田ダムの流入量が10,000トン超え(この時期は平常80トンくらい。今までで初めて?)

 で、この土日は、ぶっ壊れてたモバイル用のネットブック(Windows7starter)の修理に明け暮れていました。
 どうやらHDDがいかれているらしい。しかし、リカバリDVDが付属してないタイプ(HDD内にリカバリデータ格納タイプ)のため容易に復活できず放置状態でした。

 初日は、再度リカバリ作業に勤しんでましたが、結局復旧できずに諦めざるをえませんでした。

 二日目は、HDD換装(500G)して新規OSインストールにチャレンジ。

 ・Windows7Home32bit新規OSは、インターネット上にデータ落ちてましたが、英語版のみ。日本語版は諦めました。
 ・“ei.cfg”を消去するフリーソフトを使ってWindows7全エディション選択可能なバージョンに修正したうえで英語版Windows7Starter新規インストール(メモリ2Gに増設してなんとかインストールできた)
 ・Vistalizator +言語パックで日本語化(下記で日本語OS入れたので意味なかったかも)
 ・自宅保管のWindows7 Home Upgrade(“ei.cfg”消去処理済)から日本語版のWindows7Starter新規OSを上書きインストール(なぜかDVDブートできなかったので上記の過程を経る必要があった)。
 ・Windows7Starterのライセンス認証(認証されなかったらどうしようかとドキドキしましたが無事完了)

 ほぼ徹夜作業でしたが、これでなんとか復旧。


 さて、今朝になって通行止めが解除され、ようやく四国入りを果たせました。

 11年前、ラナとはじめて長期遠征に出た場所がこの四国でした。当時も台風(10号)の影響で絶賛大増水中。吉野川水系→左下の渡川水系(四万十川)→右下の那賀川水系を巡りましたが、今回は被害状況聞いてると難しそう…。

 今年も、大豊町のKYOKOさん宅でお世話になります。なんだかんだで毎年家族で泊まりに行ってて、子どもたちからすれば親戚のおうちみたいな感覚ではないでしょうか…。ずっと車内だったのでストレスフルの彼らを連れて大田口小学校で遊びました。
 初めての逆上がり。

2014-08-11 14-09-11.jpg

 ここ、4月から廃校になったらしいですね。大豊町は限界集落の語源となった町と聞いたばかりだったし、なんだかもの寂しい気分にさせられます。

2014-08-11 14-18-28.jpg

 次は気になっていた「ぽっちり堂」を探して本山方面へ。残念ながらカフェ廃業してました。
 ちなみにお隣を流れる伊勢川川(地蔵寺川右支川)がいいかんじ。京丹波の上林くらいの規模かな…? KYOKOさん曰く、堰が多いらしい。
 初めての川を見るとドキドキする。
 ここは下れそう? 先に堰堤があるけど、この瀬は下ってみたいなあ…。でももっと良さげな区間がもうちょっと走ってみたら見つかるかも…。 
 ラナの死と共に、この気持ちも死んだと思っていました。
 でも違うんですね。川が好きという気持ちは眠っていただけでした。久々に感じる高揚感と、でもラナいないし、実際下ってもなんだかなあ…という気持ちとの間で揺れる微妙な心境。

 近くの小学校(これも廃校)にプールがありましたが、あいにくクローズされていましたので校庭でちょっと遊んでから今度は地蔵寺川(吉野川右支川)へ。

2014-08-11 15-41-41.jg

 地蔵寺川の川原で川遊びしました。本流はカフェオレ色の泥流ですがこっちは笹濁り。水量も豊富で、とてもよさげな川です。子どもたちはウエットスーツのデビュー戦でしたが、くちびるが青くなることなくずっと遊んでました。効果抜群です。
 11年前は左岸側の汗見川を見て回り、本流の寺家付近でテントを張りました。この地蔵寺川の存在に気が付いていれば…。

2014-08-11 16-22-27.jpg

参考:吉野川とその支流
ニックネーム ラナ父 at 05:40| Comment(0) | 川遊び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする