2015年09月26日

15-25 道志川アッパー(道志川1)

 水位:0.51m(道志川大山橋)

 道志川は去年の秋、ラナを喪いボロボロだった私に新しい川を下る楽しさを思い出させてくれた川です。川相、水質、景観いずれも高レベルで、お気に入りランキングではおそらく十指に入るでしょう。

 そんな川が自宅から100km圏内に存在するってすごく幸せなことなんですが、基本水量に乏しいので大水待ちな上、釣り期間中は自粛ムードですから、レア度は高め。

 今回は、先日の桂川に引き続き、Qさんからお誘いいただいて実現の運びとなりました。しかも区間はアッパー込み! アッパーはちょうど5年前のこの日にソロで一度漕行済み(101本目)ですが、あん時はかなりカツカツで、記憶も朧げなんで、今回が実質初めてに近い感覚です。これは楽しみ〜。

 メンバーはQさん、山ちゃんの3名。プットインは田代橋下流から。

150926 dohshi 2015-09-26 9-32-01.jpg

 水源橋を越えると渓谷相へ。ドロップの岩につまづいていきなり落水しました。
 大栗キャンプ場横にデカいログが川幅いっぱいに横たわってました。ダッキーではくぐれないので早々にポーテージ。カヤックは何とか?くぐってました。

150926 dohshi 2015-09-26 9-55-32.jpg

 大栗橋の直下がアッパー第1核心ですかね。瀬自体の難度はそれほどではありませんが、瀬のラスト左岸側に金属のパイプが埋まっていてストレーナーになってます。
 切り込み隊長の山ちゃん、見事引っかかりました。ダッキーだと下手するとバーストしそうなんで近付かないのが良しと、右岸側の流れに乗って回避。

150926 dohshi 2015-09-26 9-59-16.jpg

 5年前とはやはり迫力が全然違う…。体感的には瀬のひとつひとつの勾配がロワーに比べるとワンランク上かな。後で実際に測ってみよう。

150926 dohshi 2015-09-26 10-14-35.jpg

 流れの緩い区間は超絶癒し空間。流れる水は、とにかく美しいの一言。本川の桂川もなかなかの透明度を誇りますが、水が臭いし、川底がけっこう汚れてたりしますからね。
 流域の地質とか、保水力とか、生活排水処理とか、河川整備事業とかいろんな要素が組み合わさった帰結としてのこの清流。奇跡を感じずにはいられません。

150926 dohshi 2015-09-26 10-23-16.jpg

 道志川温泉のある砂原橋の手前がアッパー第2核心になりますかね。うーん、こんなとこ下ったっけなあ? 5年前の記憶がありません…。ボコボコで流れが読みにくい。

150926 dohshi 2015-09-26 10-25-56.jpg

 スタートして70分ほど経過し、ようやく中継点の柳瀬橋に到着。ここから先は見知った風景なのでリラックスして下れました。
 巨大な堰堤は右岸からポーテージ。

150926 dohshi 2015-09-26 11-10-12.jpg

 アッパー区間では背中からの写真ばかりでしたが、ロワー区間に入ると前方から撮った写真が一気に増えます(笑)。

150926 dohshi 2015-09-26 11-13-20.jpg

150926 dohshi 2015-09-26 11-15-50.jpg

150926 dohshi 2015-09-26 11-22-28.jpg

 終盤の核心部入口。

150926 dohshi 2015-09-26 11-44-49.jpg

 終盤の核心部は左岸側のルートにストレーナー(木製の橋)がガッチリが入っていて航下できなくなっていました。中央部の細い落ち込みから進入。

150926 dohshi 2015-09-26 11-46-49.jpg

 これまで両国橋まで下っていましたが、今回は月夜野キャンプ場でテイクアウト。柳瀬橋からは65分くらい。終盤の核心部終わってすぐなので、効率的といえば効率的ですね。※駐車料金は両国と同じ500円

150926 dohshi 2015-09-26 12-15-19.jpg

 しかし、キャンプ場に至る道はかなりの急坂で、老朽化してツルツルノーマルタイヤのエクストレイルではけっこう難儀しました。お二人に誘導してもらい何とか登り切れました。

150926 dohshi 2015-09-26 12-30-43.jpg

 8月盆までの灼熱ド渇水に帳尻を合わせるかのごとく9月は低温大雨が多かった。増水待ちパドラーにとってはパラダイスのような期間でしたが、こちらは最近、諸事情で遠出する時間を取れなくて、この絶好機に見逃し三振の山。臍を噛むこともしばしばでしたが、ようやくこの奇跡の川を楽しむことができました。

 お誘いいただいたQさん、ご一緒いただいた山ちゃん、今回もありがとう!


ニックネーム ラナ父 at 04:46| Comment(0) | 甲信越>道志川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

15-24 ひさびさの新規開拓(清津川1◆163本目)

 水位:不明(水位計なし)

 この連休は初の三世代登山へ苗場山に出かけました。祖父母とは現地集合の予定でしたが、ずいぶんと早く着いたので(←意図的ですが)ちょいと川へ寄り道させていただきました。

 苗場山の西には中津川、東には清津川が流れています。最も惹かれるのは清津峡ですが、今はまだ夢。自身の技量で無難に下れるとしたらその前後かなと。ということで、今回清津川ロワー部を選択しました。

 清津川は、白砂山(標高2,139m)を水源とし、清津峡を形成して南流し、新潟県十日町市干溝にて信濃川右岸に流入する信濃川水系の一級河川です(流路延長44.0km,流域面積307.4ku)。

 ネット上では清津川の水位計が見当たらず、出たとこ勝負でしたが、吉と出ました。たぷたぷとまではいきませんが、予想していたより多い。
 完全ソロだとかなり念入りに下見に時間をかけますが、家族連れだとそうもいきません。カーナビにテイクアウト予定地点を目的地にセットして、1時間半くらい後に回収よろしくー、でおしまい。

 清津峡渓谷トンネル入口からスタート。まだ7時30分すぎなのでちょっと暗くて寒い。

 万年橋を過ぎてから絶景が続く。

150923 kiyotsu 2015-09-22 7-54-42.jpg

 地形図ではゴルジュでしたが、実際思っていたより川幅が広くて圧迫感はありませんでした。勾配も大したことなく、ボートスカウティングのみで済みました。

150923 kiyotsu 2015-09-22 7-56-26.jpg

 清津峡橋を過ぎると大堰堤。右岸側の魚道を歩いてポーテージしました。残念ながら渓谷相はここでおしまい。

150923 kiyotsu 2015-09-22 8-02-42.jpg

 しばらく進むとまた堰堤。じっくり下見して、巻いてないことを確認後に強行突破。

150923 kiyotsu 2015-09-22 8-08-38.jpg

 瀬の形状になんか違和感を感じたので上陸して下見すると、堰堤崩れの瀬でした。これも何とか下れると判断して強行突破。

150923 kiyotsu 2015-09-22 8-15-12.jpg

 清津峡橋以降はあまり期待していませんでしたが、ちょこちょこ快適な瀬が残っていて、意外と快適でした。

150923 kiyotsu 2015-09-22 8-21-01.jpg

 もうないやろと思っていたらまた堰堤。これは越えるの無理やな…。左岸側からズリズリと滑り落ちてポーテージ。

150923 kiyotsu 2015-09-22 8-25-28.jpg

 8時50分、倉俣大橋到着。さくっと着替えて、苗場山登山口を目指して秋山郷方面へ向かいました。

150923 kiyotsu 2015-09-22 8-50-17.jpg


 久しぶりに新規の川を漕げた満足感でいっぱいでしたが、精神的に余裕の出てきた清津峡橋以降は、気持ちは清津峡に飛んでってました。

 清津峡、いつの日か下りたいなあ。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 13:57| Comment(0) | 甲信越>清津川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

15-23 今年初の桂川(桂川1)

 水位:2.13m(大月)

 5月末の宝川以来、しばらくご無沙汰だったQさんからお誘いがあり、雨で増水した桂川へ。

 Qさんのほかは、山ちゃん、グッチさん、ヤリサさん、O塚さんが一緒でした。グッチさん以降3名ははじめましての方々。ヤリサさんだけ面識あったけど、一緒に漕ぐのははじめて(だと思う)。

P1060832.jpg

 桂川はなにげに今年初でした。今年は取水停止がなくで1シーズン飛んでるので、かれこれ約1年半ぶりか。よくよく思い出してみると、前回下ったときはラナがまだ元気なときで、あの大雪の直後でした。

150913_katsura 2015-09-13 10-02-28.jpg

 鳥沢ホールはやっぱり大繁盛。見知った顔もちらほら。

150913_katsura 2015-09-13 11-02-39.jpg

 なにげに水位2.1mオーバーで漕ぐのは初めてだったかも。核心部はけっこう迫力あって、ドキドキでした。みなさんさくっと下ってましたけど。

150913_katsura 2015-09-13 11-30-25.jpg

 久しぶりに四方津まで下りました。楽しかったなー。Qさん今回もお誘いありがとうございました。


ニックネーム ラナ父 at 13:37| Comment(2) | 甲信越>桂川(相模川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする