2015年07月25日

15-17 秋川 子連れカヌー(秋川1)

 水位:-0.59m(東秋留橋)

 今日もうちの奥さん仕事につき今週末も父子家庭。御嶽はこの前漕いだばかりやし、低水位とはいえみなかみも先週デビューしたんで、もうワンランク上げてもいいかなあと秋川渓谷をセレクトしました。

 秋川渓谷といえば、ラナが最後に川遊びした地です。ソロなら胸に去来するものが諸々あるんでしょうが、今回は子連れカヌーのため気持ちに余裕がありません。

150725 akigawa 2015-07-25 9-45-40.jpg

 核心の中山の滝。川太郎は下りたかったらしくブーブー言ってましたが、壱の滝はポーテージさせました。写真係を任せてみたらけっこうちゃんと撮れてました。

150725 akigawa 2015-07-25 10-10-55.jpg

 弐の滝もポーテージさせるつもりでしたが、岩壁越えるのが面倒くさい…。川太郎はあいかわらずノリノリなんで、思い切って乗せて行くことにしました。
 すると…。

150725 akigawa 2015-07-25 10-28-23.jpg

 ルートが半艇ズレてしまったのもありましたが、意外にけっこうな衝撃で、川太郎君、ポーンと飛んでいってしまいました。

150725 akigawa 2015-07-25 10-28-24.jpg

 ラナとの川旅でいつの間にか鍛えに鍛えられていたようで、無意識に身体が動く。落水した瞬間にライジャケを掴んですぐ引き上げたのでほぼダメージなし(だと思う)でしたが、川太郎くん、パドルを手放してしまいました。
 エディーにフネを入れてかなり待ちましたが、結局パドルは出てきません。にじますカップから使い始めてまだ5回目? 短い生涯でした…。

150725 akigawa 2015-07-25 10-28-48.jpg

 参の滝は右岸からポテ。構造上、担ぎ上げができないので、ここは私もポーテージしました。

150725 akigawa 2015-07-25 10-50-35.jpg

 あとはのびのびと。御嶽のように生き物探しながら下りましたが、今回は残念ながら不発でした。

150725 akigawa 2015-07-25 11-16-21.jpg

 川太郎くん、きっつい瀬で落水して泳ぐの今回初めての経験でした。これで川嫌いてならんとええんですが…。


ニックネーム ラナ父 at 05:58| Comment(2) | 関東>秋川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

15-16 川太郎、諏訪峡デビュー(利根川2)

水位:2.53m

 朝露で濡れたテントを丸め、水紀行館でNさんファミリーと合流。Nさんとは近所の公園でダッキー修理中に知り合ったご近所繋がりです。昨日仕事だったうちの奥様もNさんカーに便乗させてもらい、一緒にやってきました。

 藤原ダム発電放流がいささか気がかりでしたが、杞憂どころかまったく出さないので水位は減るいっぽう。昨夕2.7mあった水位が、今朝8時時点で2.53mまで減ってしまいました。

 1本目スタート…ですが、まず私だけソロで紅葉峡から下らせてもらいました。

150719 minakami 2015-07-19 9-07-31.jpg

 こんな低水位で下るのは初めてでしたが、超癒されますね。

150719 minakami 2015-07-19 9-09-10.jpg

 水明荘でNさん親子とうちの奥様合流。持ってきたボート3艇に分乗しました。ちなみに本日は昨年新たに購入したアワーズ「旅鴉」(プロトタイプ)のデビュー戦でもありました。結局私は乗れずじまいでしたが。うちの奥様曰く、リンクスと比べると重いらしい。

150719 minakami 2015-07-19 9-29-38.jpg

 リンクスII…ラナ父、Nさん長男、川太郎
 リンクス I…Nさん
 旅  鴉 …後輩1号

 紅葉峡はふつうに下れましたが、水明荘から先は川幅が広がってガリガリでちょっと辛かった。見立てを誤りました。スミマセン。水上峡に入ってようやくサクサク下れるようになりました。

150719 minakami 2015-07-19 10-16-40.jpg

 道の駅でメンバーチェンジ。子守やってもらってたNさん妻をバウに乗っけて、諏訪峡をさくっと下りました。

150719 minakami 2015-07-19 10-51-10.jpg

 2本目は、水上峡前半部を飛ばしてJAからスタートすることにしました。うちの奥様と川太郎が陸回送役。

 リンクスII…ラナ父、Nさん次男、川次郎
 リンクス I…Nさん妻
 旅  鴉 …Nさん

150719 minakami 2015-07-19 14-07-35.jpg

 諏訪峡は、今度はNさんをバウに乗っけてさくっと。

150719 minakami 2015-07-19 14-48-54.jpg

 諏訪峡ゴール時点で15時を回っていましたが、諏訪峡のみ、もう1本下ることにしました。2本下ってみて、川太郎も連れてける!と判断したので。本人も乗り気です。

 ということで最後にうちの奥様、そして川太郎と下りました。川次郎だけ、Nさんファミリーとお留守番。ちなみにうちの嫁さんもなにげに諏訪峡初めてやったらしい。

150719 minakami 2015-07-19 16-05-57.jpg

150719 minakami 2015-07-19 16-06-19.jpg

150719 minakami 2015-07-19 16-11-37.jpg

 川太郎、全然怖がりません…。下り終わってからも飛び込みやってました。

 夕食は、みなかみのピザ屋さん「ラ・ビエール」にてシャレオツに済ませました。当初このままキャンプの予定でしたが、雨が降ってきたのであえなく中止。渋滞が終わるのを見計らって(結局夜中になりましたが)帰りましたが、ちょっともったいなかったなあ。

 ふだんインドアなNさんファミリーにとってはちょっと刺激強すぎなところもあったかもと危惧しておりましたが、とっても楽しんでいただけたようです。よかったー。また行きましょう。


ニックネーム ラナ父 at 06:07| Comment(0) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

【川見編】名栗川(入間川)(荒川支川)

 台風11号の影響でどこも満水御礼。
 週末にこの水量が当たることはそうそうありません。大チャンスですが、今日もうちの奥様休日出勤なので子守役です。あーあ、横瀬川、行きたかったなー。

 さらに、明日19日は友人ファミリー連れてファミリーカヤックの予定だったので、いつもとは逆に水のないところを探さなければなりません。検索結果は、みなかみでした。選択肢としてたぶん唯一だったかと。
 なもんで、今日はみなかみまで移動しつつ、川遊び兼川見に充てることにしました。行き先は、名栗渓谷(荒川水系入間川上流)です。過去に長瀞からの帰路かなんかで側を通ったことはありましたが、ちゃんと見るのは初めて。軍畑から53号を経由して現地入りしましたが、なんかイメージと違って渓谷らしくなかった。

 途中、西に折れて有間ダムへ入り、さらに上流の有間渓谷へ(有間川)。有間川は規模が小さすぎる上に砂防堰堤だらけでした。当初ここで泳ごうと目論んでましたが、いつの間にやら雨が降ってきて寒いし、川遊びって感じやなくなってきました…。

150718 naguri 2015-07-18 9-20-43.jpg

150718 naguri 2015-07-18 9-41-06.jpg

150718 naguri 2015-07-18 9-46-28.jpg

 有間川出合からさらに遡上して名栗川本川を川見。
 狭いけどなんとか漕げそう。ただ今回ばり(2日前に累加195mm)に降らないとダメでしょうね。いつになるか分かりませんが、チャンスがあれば下ってみたいなー。

150718 naguri 2015-07-18 10-06-13.jpg

150718 naguri 2015-07-18 10-14-10.jpg

 その後、横瀬川沿い(原谷橋172.7m)を指加えながら通過して、たぷたぷの荒川をチラ見しつつ、関越道経由で群馬入り。

 17時になると晴れ間が覗いてきました。
 ベイシアで買い出しして、月夜野でキャンプ。この時期には珍しくホタルがいて、子どもたちが大興奮。夜半にふと目が覚めると、満天の星空が輝いていて、しばらく心奪われたように眺めていました。カヌー始めたばかりの四万十川を思い出しました。何しろ遠いのでなかなか再訪できていませんが、今年こそは子どもたち連れていって、あの星空を見せてやりたいな…。


ニックネーム ラナ父 at 06:05| Comment(0) | 川見編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

15-15 夏の始まり(多摩川2)

 水位:-2.43m(調布橋)

 今年はクーラー不要やないかと半ば本気で思ってましたが、昨日からようやく30℃を超え、夏らしくなってきました。
 しかし、今日はうちの奥様休日出勤のうえ、昼から保育園の役員会があるんで遠出できないという(涙)。寒くって今までできてなかったファミリーカヤックを始めようっと御嶽にくり出しました。

 御嶽苑地に道具一式を置いて、テニスコートの川原にクルマをデポして二俣尾駅まで歩く。電車の時間まで余裕がないので早歩きです。ガキんちょども連れて回送するのは初めてですが、「あるくのはーやーいー」とか、「あーつーい」とか、「つーかーれーたー」とか文句ばっかり(怒)。

 今日も朝から気温はぐんぐん上がって、絶好の川日和になりました。

150711 mitake 2015-07-11 8-09-13.jpg

 しかし、御嶽の水は冷たい! 天気良くても泳ぐのはつらいです。子どもたちは当初泳ぐ気満々だったのでちょっと不満げでしたが、途中でカメ捕まえたりとそれなりに楽しんでました。

150711 mitake 2015-07-11 8-40-50.jpg

 終盤、ちょっとだけ泳ぎました。まだシーズン始まったばかりのせいか、流れのある場所が怖いようです。

150711 mitake 2015-07-11 8-59-58.jpg

 テニスコートに設置されてる案山子がよく見るとリアルでちょっと怖い…。

150711 mitake 2015-07-11 9-33-22.jpg


ニックネーム ラナ父 at 05:15| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

15-14 四万ブルー(四万川1)

水量:2.78t(四万ダム放流量) 水位:0.47m(嘉満ヶ淵)

 反下川下見の後、四万川へ。
 2年ぶりです。今日一緒のやまかわさんと9時に合流。やまかわさんとは今年初です。四万ダム下に着くと、四万川開闢以来初めてではなかろうかというかくらいカヤッカーが大勢いてました。中にはお知り合いもちらほら。タイムレースのイベント“Dive to Blue”やってたみたいです。

 今日も門限付(15時)なので、早々に入川しました。9時50分すぎにスタート。

150705 shima 2015-07-05 10-00-20.jpg

 四万川といえば、大泉の滝。いわゆる滝落ちですが、あまり好きではありません。もともと高所恐怖症だし、身体やダッキーへのダメージが大きいので(どちらももう老体なので…)。一度やればもうお腹いっぱいでしたから、同じ滝を二度チャレンジするというのは実は初めてだったりして。

150705 shima 2015-07-05 10-14-42.jpg

 ルートは前回と一緒と決めていたので、割と早く腹を括れました。あまり悩んでる時間もなかったし。前回はアタマ真っ白でしたが、今回は少しだけ正気を保てていて、落ちる最中に左岸の岩にガリガリっと擦って、あっフネが破れるっと思った記憶が残っていました。このまま何回もやってたら、少しは耐性つくんかな?

150705 shima 2015-07-05 10-21-26.jpg

 後半はさらにペースアップして、下見なしでさくっと下りました。おかげで目標の12時終了に間に合いました。
 道中、ラナとのありし日々をどうしても思い出してしまい、ややもするとブルーになりがちでしたが、あの時と変わらない四万ブルーに癒してもらいました。やまかわさん、ご一緒いただきありがとうございました。慌ただしくってすいませんでしたが、またよろしくお願いします。

 帰りの道中、ロワー部(嘉満ヶ淵)にけっこう水があることにふと気が付く。なるほど、この水位だとここも下れるんですね。ここもいつか下ってみたいなあ。


ニックネーム ラナ父 at 05:05| Comment(0) | 関東>四万川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【川見編】反下川(四万川支川)

 梅雨の恩恵で各地増水傾向でしたが、どこも微妙な水量。ベストかと思われる四万川に行くことにしましたが、その前にちょいと反下川(たんげがわ)の下見へ。

150705 tange 2015-07-05 8-05-04.jpg

 四万湖(中之条ダム)の出前(下流)で県道55号を遡っていきます。この界隈はかなりポテンシャル高そうですが、渓が深すぎて下見したことがありません。反下川なんて支流が存在していたのも最近まで知りませんでした。

 美郷館から黄金の滝までを下見。黄金の滝から上流部は進入禁止になっていました。

150705 tange 2015-07-05 8-11-32.jpg

 水ありません。累加雨量30mmでは足りないのね。
 川相はいわゆる岩盤系で、川下りというより岩滑りみたいになりそう。水が出てもかなり狭そうなんで、ダッキーにはちょっと厳しいかなあという印象でした。まあ、機会があればチャレンジしようとは思いますが…。

150705 tange 2015-07-05 8-14-12.jpg


ニックネーム ラナ父 at 04:48| Comment(0) | 川見編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする