2015年04月26日

15-04 新緑カヌー(日原川1)

 水位:なし(現地確認)

 ★ムービー作成中

 日原川との出会いは、かれこれ7年前に遡ります。これまで通算4回、神庭沢から、氷川管理釣場までの区間を漕破しています。

 2008年(3回) @神庭沢〜管理釣場 ALower区間 BLower区間
 2010年(1回) CLower区間

 さらに神庭沢から上流域(Upper区間)にも興味が湧き、日原トンネルあたりまで下見に行ったこともありました。

 その後は下る機会に恵まれなかったんですが、昨年末吾妻川の際にQさんらと久しぶりにこの日原川の話題が出ました。アッパー区間、そのうち行ってみたいですね〜なんて話していましたが、本日、ついに実現の運びとなりました。

 日原渓谷はまぶしい新緑に覆われていました。3週前のみなかみは雪に覆われていて、その翌週の吾妻川は桜が満開。まるで季節が飛び足で移ろっているように感じられます。生命の息吹を最も実感できるこの新緑の時期が最も好きなんですが、去年の闘病に明け暮れていた頃をどうしても思い出してしまい、一抹の寂しさを禁じ得ずにいます。

 日原川のこの区間は車道(都道204号)からではほとんど下見できません。林道(旧道)を歩けばある程度は可能でしょうが、川見だけで一日潰れそうです。まったく情報のないところでもなし、ここはもう、覚悟を決めて、インとアウトの水量だけ確認して突っ込むことにしました。

 プットインは、小川谷出合から。水量は乏しいですが、素敵な渓相が続いています。

150426 nippara03a.jpg

 しばらく漕ぎ進むと堰堤。その先に橋(巳ノ戸橋)が見えます。堰堤は飛べる形状と高さでしたが、よく見たら鉄筋飛び出しまくりでブーフが確実にできないとダッキーが死んでしまいそう。クリーク艇のQさんは勇敢に飛び越えましたが、自信のない私はポテしました。

150426 nippara 2015-04-26 10-42-22a.jpg

 橋から先は、日原集落。この界隈は釣竿だらけでした。川幅が狭いので、竿が見えたら即上陸を繰り返してましたが、実際ほとんど担ぎ歩きでした。プットインは今後再考の余地ありです。集落の東端に至ると、急に大きな岩ゴロゴロの渓谷相に変化し、それに合わせるかのように人の気配もなくなりました。

150426 nippara 2015-04-26 11-21-30.jpg

 このまま核心部に突入…? ドキドキドキドキと胸が高鳴る。この先何があるか分からない不安がまたなんとも言えず楽しみでもあります。

 久しく忘れてました。川見から得た情報と自分の経験から判断して、区間を設定して、無事下り終えた時の満足感。ソロではもうずっとやってない気がします。GWにでもやってみたいなあ…。

 いろいろ考えてるうちに、また川幅が広がってきました。あれえっ?
吊橋(旧日原橋)が見えます。日原街道の旧道の名残のようです。つまり、この先がいよいよ核心(と想定している)のトンネル区間ということですね。

 無用の心配でした。左岸が大崩落を起こしている場所あたりから、川相が劇的に変化。
 大崩落を起こした左岸は、石灰岩と思しき白色のガレ岩で埋め尽くされていました。草が生えてなくて、なんだか生々しい。直下の瀬からは、白い岩からにょきにょきと枝が伸びていて…。枝じゃなかった。いや、そもそも岩じゃなくて、コンクリでした。コンクリから鉄筋が飛び出しているのでした。

150426 nippara 2015-04-26 11-39-46.jpg

 おそらく大崩落で一緒に流された旧道の一部かと思われますが、こんなん突っ込んだら全身穴ぼこだらけになりそうです。
 崩落の上を歩いてポーテージ。
 核心部はまだまだ先に続いていました。鉄筋は消えているようですが、今日の水量だと狭すぎて通れなさそうと判断し、ここもポテ。もったいないけど…。左岸沿いをさらに担ぎ歩きました。

150426 nippara 2015-04-26 11-52-32a.jpg

 再開して少し進むと、ヤバそうなブラインドが見えたのでスカウティング。左岸からオーバーハング状に岩が迫っていて、めちゃくちゃ狭い。座高の高いダッキーにはちょっと微妙なかんじ。首もげるかもしんまいということで、ここもポーテージ。

150426 nippara 2015-04-26 12-12-01.jpg

 怒涛の核心部はどうやらここで終わった模様。新日原橋(惣岳橋)の跡、樽沢を過ぎたところで、左岸側がまた崩落を起こしていました。えらい荒れてんなあ…。気のせいか、生物の気配をまるで感じない。不思議に思ってGoogleMapの航空写真を見ると、頂上部が石灰の採掘現場(日原鉱床)になっているようで、がっつり削り取られて真っ白になっていました。

 さらに、右、左と蛇行を重ねた先に、またもや左岸が崩落を起こして荒野と化していました。その中に、でっかい錆びた物体が転がっています。
 「…鉄塔?」

 ※鉄塔と当時は思っていましたが、後で調べると「兎峰橋」(とぼう)という名の旧道に架かっていた橋梁の一部らしい。なぜ放置されている?

150426 nippara 2015-04-26 13-14-54.jpg

 そして、徐々に迫りくる両岸の崖。どうやらゴルジュっぽい。先のほうには、ログがあり得ない形状で積み重なって、十字架のように見えます。
 核心、やっぱり来たなー…。危険なにおいがプンプンします。

150426 nippara 2015-04-26 13-17-47.jpg

 ※左岸側はがっつり削られて失われていますが、この両岸の岩山は戸望岩(とぼう)と呼ばれる難所だったらしい。

 おそるおそる戸望のゴルジュの中を漕ぎ進んでいくと、度胆抜かれる光景が広がっていました。…違った意味で。

 そこにあるのは、鉄骨の墓場でした。

150426 nippara 2015-04-26 13-28-29.jpg

150426 nippara 2015-04-26 13-32-30.jpg

 極めつけはこれ。
 なんじゃこりゃ? ありえない。
 大秘境を想像してたんですが、もはや廃墟ツアーですやん。今まで150本を超える河川を下ってきましたが、こんな巨大な人工物が本流のど真ん中に放置されたままというのは過去に例を見ません。

150426 nippara 2015-04-26 13-36-17.jpg

 そういえば戸望のゴルジュの入口左岸に、橋台のようなものがありました。かつて橋が架かっていたのならその残骸なのか? もしくはゴルジュ手前に転がっていた兎峰橋の残骸の一部なのか?
 無数のログや丸岩と絡み合い、もはやゴルジュと同化しているようにも見えますが…。やっぱりおかしいですよこれ。マジ撤去できないのだろうか。
 「落下物は落とした人の責任が問われます。落下物が原因で事故が起きた場合、落とした人に責任があります」…と思うんですが。マジメに調べてみよう。

150426 nippara12.jpg

 ゴルジュを抜けると、川相はうってかわって穏やかに。これまでの殺伐とした風景が嘘のように優しい、新緑のトンネルの中を漕いでいきました。

150426 nippara 2015-04-26 13-44-01.jpg

 神庭沢出合でテイクアウト。
 これで、小川谷出合から氷川の管理釣場までの区間が繋がりました。積年の望みをようやく果たせまして、大満足です。ご一緒くださったQさん、どうもありがとうございました!

 なお、本日の水量は平水だったかと思われますが、ダッキーでは浅瀬でスタック多数、狭くて通れないルートが多数ありました。快適に下るなら、もう少し水かさが欲しいところですが、かーなーり、怖いことになりそうなので、微妙なところです。
 また、さすが首都東京に位置するだけあるというか、ちょいとググるだけで日原川に関する興味深いお話がたくさん出てきました。田舎では情報が乏しく、なかなかこうはいかんのでありがたい。今度訪れる時は、日原の歴史に思いを馳せながら下ってみるのも面白いかなと思っています。

続きを読む

ニックネーム ラナ父 at 00:22| Comment(0) | 関東>日原川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

【番外編】こどものくに

 こどものくにへ行ってきました。こっち(関東)は関西と比べてどこ行っても鬼混みのイメージなので、人が集まる場所に行くのは気が進まないのですが、開園同時に入って昼上がりなら耐えられるかもと早朝からプットイン。

2015-04-18 10-01-54.jpg

 朝早いおかげか、意外と空いてました。子どもたちとボート。最近カヌー漕いでなかったんで、オールをシングルパドルにして勘を取り戻す練習。

2015-04-18 10-47-10.jpg

 ドラム缶にも乗りました。

2015-04-18 11-35-47.jpg

2015-04-18 11-35-53.jpg

 こういうひょうきんなやつは川次郎くん専門です。

2015-04-18 11-57-37.jpg

2015-04-18 12-08-34.jpg

 帰り道にカート発見。子どもたちにせがまれ乗せることに。最近クルマにやたら乗りたがります。川太郎くんはラジコンも欲しいらしい。

2015-04-18 13-12-06.jpg

2015-04-18 13-12-19.jpg

 だんだん人が増えてきましたが、午前中に撤収するスケジュールだとそんなに苦痛ではなかったです。また機会あれば行こうかな。


ニックネーム ラナ父 at 05:47| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

【番外編】多摩動物公園2回目

 今年2度目の多摩動物園でした。

2015-04-12 13-55-33.jpg

 川次郎くんノリいいです。おにいちゃんはもうやってくれません。

2015-04-12 14-15-34.jpg

 あいかわらずやる気のないライオン。

2015-04-12 15-17-11.jpg

 帰りたいゾウ。

2015-04-12 15-32-37.jpg


ニックネーム ラナ父 at 21:53| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

15-03 お花見カヌー(吾妻川1)

 水位:-0.57m(岩島)



 先週末、ようやく3ヶ月ぶりに漕ぐことができましたが、2週連続で立て続けに上州へ。いい兆しです。いつもお誘いくださるQさんが今回お休みで、あさひさん、山ちゃんたちと乗りあって向かっていましたが…。
 高速道中でなんとランクルが黒煙噴き出して、エンジン止まってしまいました。レッカーで運んでもらうのって初めての体験でした。不謹慎ながら、わくわくします…。

2015-04-11 7-49-34.jpg

 トヨタの方々には、営業時間前にもかかわらず、快く対応いただきました。さすがですね。クルマはやはりすぐには直らないようで、残りのメンバーのクルマに分乗して川を目指しました。

2015-04-11 8-11-09.jpg

 先週タプタプだったみなかみは、この頃の寒の戻りで雪解けが弱まった模様。道中で行き先変更して、吾妻川に向かうことになりました。
 R406を烏川沿いに遡上して東吾妻へ。車窓越しに見える烏川は基本里川ふう。水量は微妙ですが、少し増えればいけそう。ここも下った人いんのかな?

 吾妻川は、昨年12月に下って以来の2度目。水量面でレア度高いので再訪はなかなか難しいかなと思っていたら、あっさりその日が訪れてしまいました。岩島観測所水位は-0.57と、前回より12cm低い。この差は大きく、随分とマイルドになっていました。余裕を持って、楽しめそうです。

150411 agatsuma01.jpg

 核心の滝は消失していて、1mくらいの小さなドロップになっていました。

150411agatsuma 2015-04-11 12-44-53.jpg

 滝直下の新たにできた瀬は、今回も全員がポーテージ。

 荒神橋上流の二又は、水位が下がった分ルート取りが難しくなっていました。右岸のタコツボにエントリーしてしまいましたが、流速が弱っていたおかげで気合で脱出。

150411 agatsuma02.jpg

 最後の核心部ナイアガラは、行きたくない左岸ルートへ向かう流れが弱まっていて、安心して下れました。ただし最後の滝状のドロップの右岸側半分は落下地点に岩があるので、ルート取りには細心の注意が必要でした。過去には骨折事故もあったようで…。 

150411agatsuma 2015-04-11 13-51-21.jpg

 今回は川以外でのイベント盛りだくさんで、貴重な体験をさせていただきました(笑)。状況次第では中止も考えられる中、おかげさまで楽しいダウンリバーができました。ご一緒くださったみなさま、ありがとうございました。とくにコウさん、山ちゃんには帰路においてわざわざクルマを出してもらって、大変助かりましたです。

 そういえば、終盤にはお花見も楽しめました。日常生活での桜満開の時期は、まったく楽しめる心境ではなかったので、気持ちがようやく前向きになりつつある今こうして改めてゆっくりと楽しむことができたのは本当にラッキーでした。

150411agatsuma 2015-04-11 14-09-57.jpg

 二週連続で漕げて、長かった冬眠でなまってた体 心身がようやくほぐれてきたというか、エンジンがかかってきました。また、走り出せそうな気がします。


ニックネーム ラナ父 at 06:16| Comment(0) | 関東>吾妻川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

【番外編】川太郎、入学式

 本日入学式でした。おめでとう!
 奇しくも、私のときと同じ、1ねん3くみでした。 

2015-04-06 12-07-32a.jpg

 そのうち仮面ライダーのおもちゃにも見向きもしなくなる日が来るのかな。
 いまはドライブ放映中やけど、諸事情で鎧武までのしかありませんが、こうして時々おもちゃ箱から引っ張り出してはなりきりやってくれます。

2015-04-05 17-11-42a.jpg


ニックネーム ラナ父 at 11:16| Comment(2) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

15-02 雪解けカヌー(利根川1)

 水位:3.13m(湯原)



 また、ブランク空いてしまいました…。
 初漕ぎ時点までは、少しずつ回復基調だったんですが、仕事の波に持っていかれましたね。気持ちがドーンと落ちてしまって、なんだか漕ぐ気が失せてしまってました。
 例年なら、暖かくなってくると、雪解けを期待してそわそわしだすんですが、今年は…。ラナが発病した時期と重なるんで、どうしても思い出してしまってなんだか気が重くなり…。桜を眺めても、余計に憂鬱になるというか…。
 そんなこんなで再びカヤッカー引退の危機でしたが、4月に入り、仕事がひと段落着くと、無性に旅に出たくなりました。
 どうも今回の落ち込みは、仕事が主原因だったっぽい。こんなにアップダウンの激しい性格ではなかったつもりだったんですけどね。我ながら、面倒くさくなったもんです。

 なんとなくぶらりと北関東方面に行こうかなと決めていたときに、Qさんからみなかみへのお誘いがあったので、乗っからせていただきました。

 最初の候補は、湯檜曽川。でもかーなーり、水出てます。この時期から出てるんですね。

150411minakami 2015-04-04 9-15-58.jpg

 個人的にはすごく興味ありでしたが、不安要素が大きいのでパーティとしては今回はパスという判断になりました。ボツになりましたが、このときの感触、盆休みの時とちょっと似てました。やっぱり、初めての川を前にすると、ものすごく昂ります。

 で、結局、奥利根川本流、紅葉峡から諏訪峡のコースで決定しました。
 テイクアウトの銚子橋から見える流れは雪代で濁ってるし、なんかすっごく水量多く見えるし、これリハビリカヤックには超ヤバくね? なんて不安になってたんですが、諏訪峡大橋から下見すると、これならだいたい水位計どおりかな…とちょっぴり安心。

150411minakami 2015-04-04 8-48-30.jpg

 雪がっつり残ってるし、この地域は春がまだ訪れてないんですね。
 寒いし、ブランク長かったし、二日酔いでしんどいし、ようやく漕ぎ終わったときはもうお腹いっぱいだったんですが、もう1本いきます? なんてみなさん宣うではないですか。
 せめて温かい汁物でも飲んでまったりしてから、とか思ってましたが、みなさん飲まず食わずで2本目スタートしました。いやー、川バカばっかですねー。

 2本目は、やっぱりというか、集中力切れててグダグダでした。水量少なかったおかげで助かりましたです。
 ビューンと高速で下って、何事もなく諏訪峡フリッパーズまで来たところで、事件は起こりました。
 まず、番長さんがダツ。これは想定内。でも、フネがどんどん流されてしまって、なかなか回収できない。番長さんは早々に泳いで上陸してしまったので、この差分をどうやって埋めよう…? 考えながらボートを追いかけているうちに、気が付けばQさんがダツしてました。これ想定外。
 フネ2艇、人間1名。後から考えると、すべてに対してなんか中途半端なレスキューになってしまいました。まず頭の回転が遅くって、身体もいまひとつ動かない…。いわゆる空回り状態でした。おかげでQさんはメガウォッシュを身一つで下るという偉業をやってのけまして…。

 スローロープも超久しぶりに投げました。
 フネ2艇とQさんの確保後、若干忘れかけてた番長さんのレスキュー。遊歩道を遡上してあさひさんと向かいました。
 番長さんを遊歩道まで引き上げられればベスト。でも、あのへんってコンクリの断崖絶壁なんですよね…。次善の策は、私が確保済みのボートを担いで遊歩道を歩き、崖下まで運ぶというもの。でもこれ、実際やるとなるとしんどいなあ。その次の策は、上がれるところまで、泳いでもらうというもの。これもできれば避けたいなあ…。

 とりあえず現地まで行ってみると、幸い直登できそうな崖がありました。番長さん、悪運強いですね。崖上からスローロープを放り投げて、命綱代わりにしてもらい、急崖をよじ登ってもらいました。

 いやもう、リハビリのつもりでいましたが、最後の最後でフル回転でした。ぐったり疲れましたが、心地よい。この疲れ、いつぶりだろう…。ひさびさに、ぐっすりと眠れました。
 これを機に、ちょっとずつまた活動再開できたらいいなと思います。

 ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。


ニックネーム ラナ父 at 05:13| Comment(0) | 関東>利根川(水上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする