2014年08月31日

22 御嶽ファミリーキャンプ2日目(多摩川7)

 水位:-2.44m(調布橋)

2014-08-31 9-32-27.jpg

2014-08-31 10-11-33.jpg

2014-08-31 10-48-10.jpg

ニックネーム ラナ父 at 04:40| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

21 御嶽ファミリーキャンプ(多摩川6)

 水位:-2.36m(調布橋)

 昨年、気田川と長瀞をご一緒したAくん親子と今年は御嶽でキャンプしました。

2014-08-30 14-11-26.jpg

 アズマックスから借りたアキレス艇でダッキー3艇でのダウンリバーとなりました。水量豊富でたのしい。

2014-08-30 14-15-39.jpg

 川下り後は御嶽宛地の駐車場でキャンプ。超久しぶりです。懸案事項であったヤブ蚊の少なさそうな場所を探しに探してテント張りました。有料化されちゃったんで、一日の限度額¥800*2となりますから実質一泊¥1,600かかりますが、キャンプ場泊まるよりよっぽどいいです。


ニックネーム ラナ父 at 04:38| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

20 連日の御嶽ファミリーカヤック(多摩川5)

 水位:-2.51m(調布橋)

 またも御嶽でファミリーカヤックです。今夏は比較的水量豊富ですね。気持ちいいです。

140824 mitake 2014-08-24 11-44-59.jpg

 おとりと思われる、死んだばかりの鮎が流されているのを川太郎くんが目ざとく見つけてゲットしました。捕まえたものは食べる!という教えの実践で、今夜の食卓に並びました。

2014-08-24 18-03-05.jpg

ニックネーム ラナ父 at 04:33| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

19 御嶽ファミリーカヤック(多摩川4)

 水位:-2.51m(調布橋)

 今日もファミリーカヤックでした。ちょいと遅めの午後便です。
 プットインの御嶽宛地ではツクツクボウシが鳴いていました。今年の夏は、子どもたちとよくセミ獲りにいってましたが、日を追うごとに鳴く数と種類の変化が感じられて、面白いなあと思ってました。ツクツクボウシの鳴き声を聞くと、夏の終わりを感じて、もの寂しい気持ちになります。

140823 mitake 2014-08-23 14-23-29a.jpg

 猪突猛進系の川太郎くんと異なり、石橋を叩いて渡るタイプの川次郎くん。なかなか足のつかない場所では泳いでくれなかったんですが、少しずつ進歩してます。そういえば8月入ってからかーなり川遊びの頻度が上がってますもんね。

140823 mitake 2014-08-23 14-29-52a.jpg


ニックネーム ラナ父 at 04:30| Comment(0) | 関東>多摩川(丹波川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

18 【お盆休み】北遠・気田川の支流を漕ぐ(熊切川1◆153本目)

 福井から東京方面へ。大・大・大・大・大渋滞が見込まれるので、観光がてら北陸経由の案も出ましたが、天候面でNGでした。結局、渋滞を回避して尾張一宮まで下道で移動したのち、東名→新東名ルートで浜北ICで降りて北遠春野入り。

 関東東海の太平洋側は大丈夫のはずでしたが、気田川に着いた頃には本降りになってました。静岡のこの地域だけ雨雲がかかってます。雨天を避けたつもりだったのに…。まあ、そういう運命だったと。

 ラナとこの地に訪れたのは約1年前。まだ記憶が生々しく残っています。とくに9月に再訪した時のこと。保育園のママ友家族と交代制で下ったのですが、ラナはお休みの番にもかかわらず私の目を盗んで脱走し、フネを追いかけていつの間にか視界から消えていました。そんなこんなで結局彼女だけが二日間4本フルで下ったのですが、翌日以降は疲労で体調を崩してしまい病院行き。若い頃と比べても遜色ない、飛び込んでは泳ぐ元気なイメージと、帰宅後のヨレヨレ姿を見て、やっぱり老犬なんだな…と感じるイメージとの両極端の思い出があります。

 ↓当時の映像



 夜が明け、はたして気田川は濁流でした。まあ、覚悟はしてましたけど…。支流の様子を見に行くことにしました。
 秋葉橋から上流へ。

 ・不動川…川の規模が小さすぎる。
 ・熊切川…笹濁りでしたが、ちょっと水量が足りないし、人工物がやたらと多い。
 ・杉川…本命でしたが、あいにく気田川本流と同じ赤濁り。

 気田川右岸沿いの細くて荒れた山道をトロトロと走り、さらに上流へ。水質は改善の見込みがまるでなし…。さらに堰堤2基発見。そういやこの辺りまで含めて通しで下ったって聞いたことがないのはこいつらのせい…?

 ・石切川…せっかく苦労して来たのにここも本流と同じカラー…。

 あと見てみたかったのが本流の明神峡ですが、ファミリーカヤック向きではないですよね、たぶん。時間もだいぶ取ってしまったし、残念ですがここいらで下見は終わり。

 去年訪れた時も感じましたが、ここいらの気田川は堆砂がすごく多くて、淵や瀬といったメリハリに乏しい。濁流のためはっきりとは分かりませんが、支流の杉川や石切川も似たような川相っぽい。同じ静岡では安倍川水系や大井川水系もやたら堆砂の多かったイメージがありますが、水源の南アルプスの地質によるものなんだろうか…?

 結局、ダウンリバーは半ば消去法的に熊切川に決まりました。気田川出合から遡上していって、ポーテージ不可能なテトラ群の下流からプットイン。
 9月のファミリーキャンプに備え、テスト漕行がてら、アズマックスからレンタルしたアキレス艇で出艇しました。11年前の北山川ダッキーレースの賞品です。乗るの何年ぶりだろう。懐かしいなあ。ちなみにアズマックス、オランダにもこのフネ持っていくみたいです。

140816 kumakiri 2014-08-16 9-56-21.jpg

 最初のザラ瀬を過ぎるとテトラで埋め尽くされた堰。こういう存在意義が理解できない構造物を見るとイライラする。右岸のコンクリからポテするつもりでしたが、子どもたちにはちょっと危なっかしい。ラナなら大丈夫でしたけど。子どもたちだけいったん車道を経由して迂回しました。

140816 kumakiri 2014-08-16 10-12-14.jpg

 ところどころ、良い雰囲気があるだけに残念です。

140816 kumakiri 2014-08-16 10-18-03.jpg

 赤い橋(小島橋)を過ぎた先に川幅いっぱいに広がる床止め登場。
 左岸からポーテージを試みる。四角いコンクリブロックの隙間を水が勢いよく流れています。ほら、この隙間に落ちて挟まったら、水だけ流れるけど人は流れないから水にぐいぐい押されて出られなくなって死んじゃうんだよと子どもたちに解説してみる。
 川沿いに歩けるところが見つからず、子どもたちの手を取って、ブロック上を歩いて下流へ。そういえば、ラナとは当たり前のように乗り越えていましたが、子どもたちと堰越えするのは今日が初体験です。

140816 kumakiri 2014-08-16 10-39-51.jpg

 人いっぱいのキャンプ場(川音の郷)を過ぎるとまた堰です。クソ川ですな。河川横断物が何もなければ結構いい川なんですけどね〜。これも川幅いっぱいで歩ける場所がありません。右岸ギリギリを川の中を歩いてポーテージしました。

140816 kumakiri 2014-08-16 11-15-52.jpg

 堰の直下は左岸が木々と岩盤に覆われ、右岸が川原になっていて、川遊びにすごくよさげなポイントになっていました。こういう素敵なビューポイントが断片的に存在しているんで、危険な人工物が多いのには本当に残念な気持ちになります。

140816 kumakiri 2014-08-16 11-18-01.jpg

 長久橋から約200m手前のスロープからテイクアウト。たぶんここが最後の上陸ポイントかと思われます。

 帰りはやっぱり、いっぷく処横川へ。今回もまぐろ。内陸なのに…。
 ※ちなみに前回は大トロでしたが今回は中トロ。

2014-08-16 12-52-54.jpg

 土曜日なのに、日曜日限定の「しいたけ丼」食べれました。
 お盆休みだからだそうです。ラッキー。

2014-08-16 13-00-30.jpg

 ラナのいなくなって初めての夏休みでした。

 行程は去年と同じ、四国→若狭→北遠経由で川崎戻りでした。ファミリーカヤックが中心で、行動パターンもほぼ同じ。

 8/12 平石川 & 地蔵寺川 with KYOKOさん、にこちゃん

 8/13 地蔵寺川 ファミリーカヤック

 8/14 南川 with 姪っ子

 8/16 熊切川 ファミリーカヤック

 今回の旅行はラナ追悼のため、二つの目的がありました。

 一つは、所縁のある人たちと語ることだったんですが、これはKYOKOさんとにこちゃんのおかげで実現できました。
 もう一つは、できるだけ思い出深い川を下ることでした。結果的に、ラナと共に下ったことがあったのは若狭南川だけで、残りは初めて下る川ばかりでした。当初の思惑とはずいぶん違ってしまいましたが、どうなんだろう。

 南川では、ゆっくり漕ぐ時間がなくて、正直何も感じることがありませんでした。逆に、比較的リラックスして下れた平石川では、初めて訪れた川にもかかわらず偲ぶことができたような気がします。

 なんとなく感じるのは、
 まず気持ちがリラックスしてないとダメなようです。そのために最も必要なのは、時限がないことかと。次に必要と思うのが、川の癒し効果。透明度抜群のキレイな水、岩盤相の渓谷、緑のトンネルなど好みの川相であること。
 そうしたベースが整ったうえで、ラナとの思い出をゆっくりと思い出せることができたなら、ちゃんと「追悼」ができるのではないかと思います。
 9月はもう予定がいろいろ入ってきてるんで、10月くらいに一度、一人旅してみるのもいいかなあ…。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:59| Comment(0) | 東海>熊切川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

17 【お盆休み】南川で川遊び&30分川下り(南川1)

 水位:1.44m(和多田)

 高知から今度は福井まで。
 丹波地方は雨がすごかったですが、日本海側までいくとマシになってました。ほどよく増水した南川で、今年も川遊び。
 水温下がっててウェットスーツなしではつらいくらいでしたが、その代わり川臭さが取れてて快適でした。

140814 minamigawa 2014-08-14 15-07-39.jpg

 ひとしきり遊んだあと、姪っ子乗せて30分の高速ダウンリバー。
 ラナのこと思い出す余裕なし…。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:54| Comment(0) | 北陸>南川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

16 【お盆休み】ふたたび地蔵寺川へ(地蔵寺川2)

 水位:1.71m(豊永) 2.85m(穴内川)

 はやいもので本日四国最終日。KYOKOさんは仕事、にこちゃんは先約ありのため、家族だけで川下りしました。行先は、昨日も下った地蔵寺川。16号交差点より下流がファミリーコースだよと聞いていたので、16号交差点森橋下流左岸からプットイン。
 森橋直下に大きな瀬があります。プットイン地点から担ぎあがるのは難儀しそう。また瀬のすぐ上流部にも入川できそうなところがなく、下るのは諦めました。

140813 jizohji 2014-08-13 10-09-04.jpg

 物足りなさを感じていたところ、対岸に流れ込みが見えます。たしか相川川といったか…。覗きに行ってみると、下れそうな水量があります。プットイン地点まで130m程度の超ショートコースでしたが、ドロップの連続でなかなかスリルありました。

140813 jizohji 2014-08-13 10-55-12.jpg

 水きれい。晴天。気温高い。でも水温低いので川の上は涼しい。最高のコンディションです。
 一昨日川遊びした川原(道の駅さめうら付近)まで下って休憩しました。子どもたちがおむすびをほおばる姿を尻目に、なんとなく川の中を覗き込むと…バラバラの変死体が?

140813 jizohji 2014-08-13 11-54-57.jpg

 現場近くで爆睡こいてるデカい魚…。こいつかッ! 緊急逮捕しました。

 アユカケ(カマキリ)ですね。めっちゃ久しぶりに見るなあ〜。

140813 jizohji 2014-08-13 11-52-41.jpg

 一昨日も遊んだ水たまりで魚つかみ取り大会。網では獲れなかったので手掴みに作戦変更です。

140813 jizohji 2014-08-13 12-04-36.jpg

 でっかいアユカケさんも2匹ゲト。

140813 jizohji 2014-08-13 12-27-01a.jpg

 満足いくまで遊び倒してから後半戦スタート。伊勢川川出合を過ぎてすぐ、流れが速くなってきました。そして先が見えない。…ファミリーコースって聞いてたけど、なんとなく嫌な予感がするのでちゃんと下見しておこう。
 はたして、けっこう迫力のある瀬が待ってました。中央に岩があって流れを二分しています。右岸ルートは右岸の岩に当たり、左岸ルートはカーブを描きながら落ちていて、小さな子どもを乗せてくだるにはどっちもちょっと…という感じ。
 よって、子どもたちにはポーテージしてもらって、大人だけで下りました。ちなみに子どもたちにとってポーテージ初体験です。

140813 jizohji 2014-08-13 13-36-39.jpg

 緊張の面持ちで見ていましたが、無事下り終えると歓声を上げてました。なんというか、どんどん感情が豊かになってるというか、ずいぶん子供らしくなりました。

140813 jizohji 2014-08-13 13-35-37.jpg

 続いて嫁さんも。最初は下るかどうか迷ってましたが結局下りました。初めての川を下るのは何年ぶり…? 久しぶりの体験に、すごく満足げな表情でした。

140813 jizohji 2014-08-13 13-43-01.jpg

 吉野川出合ぎりぎりの田井小学校付近でテイクアウト。
 遅めの昼食へ。一番行きたかったのは大田口カフェでしたが、国道通行止の影響で臨時休業中。なかなかご縁がありません。ミシシッピカフェは幼児お断りらしい。で、近くのロフトにしました。嫁さん超気に入ってました。

2014-08-13 15-28-33.jpg

 今年の四国は嶺北のみ3日間という過去にない過ごし方でしたが、家族みんなが存分に楽しめたと思います。最初の二日間がもったいなかったですが、それを帳消しできるくらいこの三日間は充実した日々でした。

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 05:12| Comment(0) | 四国>地蔵寺川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

15-1 【お盆休み】吉野川支流を漕ぐ(平石川1◆151本目)

 水位:2.71m(豊永) 3.06m(穴内川)

 KYOKOさん宅のあるここ高知県北部嶺北エリアは、ひとたびまとまった雨に恵まれれば、私のような小さな清流大好きパドラーにとって楽園と化す無数の中小支川が存在しております。
 今回は、ラナ所縁の方々に会って話をするのが主目的でして、台風の被害状況次第では漕ぐのを自粛するつもりでした。が、昨日の様子を見た限りでは道路状況も河川水量も落ち着きつつあるので、目立たないように気を遣いつつも出かけることにしました。

 KYOKOさんにナビしてもらい、辿り着いた先は平石川。昨日川遊びした地蔵寺川の左支川です。
 右岸沿いを遡上しながら川見をする。ラナがいなくなって、初めての川を下るのは今日が初体験です。昨日の伊勢川川で感じた際にもう気が付いていましたが、渓を覗き込んだ時のドキドキ感が止まらない。

 水量は、漕ぐにはずいぶんと少ないようですが、計画どおりのポイントからプットインしました。
 小さな堰堤を越えた先に、この区間の核心があります。フネから下りて、岩場を歩いて下見。そういや下見するの、久しぶりですね。KYOKOさんとにこちゃんはさくさく岩場を昇り降りしていきますが、ついラナが歩けるルートを探してしまう。
 下見の結果、浅すぎてルートが見つからず。左岸側のエスケープルートから下りました(ダッキーはほぼライニングダウンでしたが)。

 KYOKOさんは水なくてごめんねと何度も言ってはりましたが、もっとカツカツの川をいっぱい下ってきた私的には、むしろ恵まれているとさえ感じました。

140812 hiraishi 2014-08-12 13-31-18.jpg

 私は今回、最後尾をゆっくり下りました。こないだまでは先頭に立たないとラナが飛び込んで先行のフネを追いかけたりと落ち着かなかったんですよね。そして今回、漕ぎはじめてから気付いたんですが、子どもたちを連れてないのもラナがいなくなって初めてのことでした。どおりでゆっくりと考えごとができるわけですわ。子どもがいると、とくに川次郎の場合機関銃トークにさらされるし、常にその動きに意識を張り巡らせているので、あれこれ余計なことを考えている余裕がないんですよね。今日は、好きなだけ想像ができそうです。

 ラナがフネから飛び込み、ラムネ色の流れの中を泳ぐ。右岸の小さな川原に上陸して、ブルブルと全身を震わせ、水滴を撒き散らす。おもむろに砂地まで馳せ駆け、柔道の受身のようにごろんと転がり、背中を擦り付ける。 至福の表情。再びブルブルと震わせ、砂混じりの水滴を撒き散らす。そしてまた川を泳いで私のフネの隣まで戻り、じたばたと上がりたいという合図を出す。ライフジャケットの把手を掴んで引き上げてやる。私の前までやってきて、また、ブルブルブルと震わせる。心得たもんで、私は即座に頭を伏せて、被害が及ばないようにガードする。
ラナはまた、船上でごろんと転がり背中をスリスリ…。

 胸が少しばかりドキドキしていましたが、わりと自然体というか、穏やかな気持ちに包まれたままでイマジネーションに耽っていました。辛い悲しいという感情に支配されないのは清流が持つ癒しパワーの賜物でしょうか。

140812 hiraishi 2014-08-12 13-52-12.jpg

 平石の集落に出ると、視界がやや開けた感じに。今は使われていない、蔦が絡まって朽ちた吊橋があります。

140812 hiraishi 2014-08-12 14-02-16a.jpg

 もう終わりと思っていたら、終盤にけっこう迫力のある瀬がありました。コースミスしてやや横向きのままドロップに突入。捕まった? ホールから脱出するの、大変でした。心臓がバクバク鳴ってます。この胸の高鳴りも、やっぱり変わってないんだなと。

140812 hiraishi 2014-08-12 14-17-57.jpg

続きを読む
ニックネーム ラナ父 at 21:00| Comment(0) | 四国>平石川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15-2 平石川から地蔵寺川へ(地蔵寺川1◆152本目)

 地蔵寺川合流後はビッグウォーターと錯覚するくらいに迫力があって気持ちがいい。一ヶ所、岩の隙間をすり抜けるようにして下る瀬がありました。

140812 jizohji 2014-08-12 14-26-17a.jpg

 左岸の流れ込みでテイクアウト。川遊びしていた子どもたちが、サワガニ捕まえてました。増水の影響で結構水が冷たいですが、ウェットスーツのおかげでめちゃめちゃ元気に楽しんでます。買ってよかった〜。

140812 jizohji 2014-08-12 14-56-53.jpg

 川遊び後は、高速で高知市内まで出ました。よさこい渋滞は、最終日のおかげか問題なし。毎年恒例の高知ぽかぽか温泉→けまりで皿鉢料理を堪能しました。今年は、KYOKOさんとにこちゃんも一緒にて。やっぱ高知は料理がうまい!
 KYOKOさん宅に帰宅後は、女子会的なトーク大会。わたし、基本的に夜起きてられないんで例年21時以降起きてた試しがないんですが、最近さほど睡眠要らずの緊張状態が続いてるんで、昨晩に引き続き深夜まで起きていられました。(酔っててあまり覚えとらんのですが)ラナの話もできました。そう、一番の目的はこれでした。すごく話題にしづらかったとは思うんですが…。本当にありがとうございました。


ニックネーム ラナ父 at 04:57| Comment(0) | 四国>地蔵寺川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

【お盆休み】四国入り初日

水位:3.57m(豊永) 3.62m(穴内川)

 金曜日のうちに新幹線で関西に帰省できたはいいものの、台風11号さんのおかげで土日は足止め状態でした。
 ・明石海峡大橋をはじめ、四国道、国道関係が軒並み通行止め
 ・一時的とはいえ、吉野川の池田ダムの流入量が10,000トン超え(この時期は平常80トンくらい。今までで初めて?)

 で、この土日は、ぶっ壊れてたモバイル用のネットブック(Windows7starter)の修理に明け暮れていました。
 どうやらHDDがいかれているらしい。しかし、リカバリDVDが付属してないタイプ(HDD内にリカバリデータ格納タイプ)のため容易に復活できず放置状態でした。

 初日は、再度リカバリ作業に勤しんでましたが、結局復旧できずに諦めざるをえませんでした。

 二日目は、HDD換装(500G)して新規OSインストールにチャレンジ。

 ・Windows7Home32bit新規OSは、インターネット上にデータ落ちてましたが、英語版のみ。日本語版は諦めました。
 ・“ei.cfg”を消去するフリーソフトを使ってWindows7全エディション選択可能なバージョンに修正したうえで英語版Windows7Starter新規インストール(メモリ2Gに増設してなんとかインストールできた)
 ・Vistalizator +言語パックで日本語化(下記で日本語OS入れたので意味なかったかも)
 ・自宅保管のWindows7 Home Upgrade(“ei.cfg”消去処理済)から日本語版のWindows7Starter新規OSを上書きインストール(なぜかDVDブートできなかったので上記の過程を経る必要があった)。
 ・Windows7Starterのライセンス認証(認証されなかったらどうしようかとドキドキしましたが無事完了)

 ほぼ徹夜作業でしたが、これでなんとか復旧。


 さて、今朝になって通行止めが解除され、ようやく四国入りを果たせました。

 11年前、ラナとはじめて長期遠征に出た場所がこの四国でした。当時も台風(10号)の影響で絶賛大増水中。吉野川水系→左下の渡川水系(四万十川)→右下の那賀川水系を巡りましたが、今回は被害状況聞いてると難しそう…。

 今年も、大豊町のKYOKOさん宅でお世話になります。なんだかんだで毎年家族で泊まりに行ってて、子どもたちからすれば親戚のおうちみたいな感覚ではないでしょうか…。ずっと車内だったのでストレスフルの彼らを連れて大田口小学校で遊びました。
 初めての逆上がり。

2014-08-11 14-09-11.jpg

 ここ、4月から廃校になったらしいですね。大豊町は限界集落の語源となった町と聞いたばかりだったし、なんだかもの寂しい気分にさせられます。

2014-08-11 14-18-28.jpg

 次は気になっていた「ぽっちり堂」を探して本山方面へ。残念ながらカフェ廃業してました。
 ちなみにお隣を流れる伊勢川川(地蔵寺川右支川)がいいかんじ。京丹波の上林くらいの規模かな…? KYOKOさん曰く、堰が多いらしい。
 初めての川を見るとドキドキする。
 ここは下れそう? 先に堰堤があるけど、この瀬は下ってみたいなあ…。でももっと良さげな区間がもうちょっと走ってみたら見つかるかも…。 
 ラナの死と共に、この気持ちも死んだと思っていました。
 でも違うんですね。川が好きという気持ちは眠っていただけでした。久々に感じる高揚感と、でもラナいないし、実際下ってもなんだかなあ…という気持ちとの間で揺れる微妙な心境。

 近くの小学校(これも廃校)にプールがありましたが、あいにくクローズされていましたので校庭でちょっと遊んでから今度は地蔵寺川(吉野川右支川)へ。

2014-08-11 15-41-41.jg

 地蔵寺川の川原で川遊びしました。本流はカフェオレ色の泥流ですがこっちは笹濁り。水量も豊富で、とてもよさげな川です。子どもたちはウエットスーツのデビュー戦でしたが、くちびるが青くなることなくずっと遊んでました。効果抜群です。
 11年前は左岸側の汗見川を見て回り、本流の寺家付近でテントを張りました。この地蔵寺川の存在に気が付いていれば…。

2014-08-11 16-22-27.jpg

参考:吉野川とその支流
ニックネーム ラナ父 at 05:40| Comment(0) | 川遊び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする